Original

GoProにケースは必需品!スリーブ+ランヤードがおしゃれで実用的!

いま、巷で流行っているアイテムといえば、GoPro(ゴープロ)ではないでしょうか。とくに旅行やなにかのイベントでカメラとして大活躍のGoPro(ゴープロ)。また、近年ではTwitterやInstagramなどのSNSで動画や写真をアップする人も増え、ますますカメラの需要が高まってきたといえるでしょう。

そして、GoProが人気になればなるほど周辺のアクセサリーも豊富になってくるものです。その多種多様なアクセサリーのなかでもGoProの外見を気にするのであれば、写真のクオリティーだけではなくケース選びも重要です。

ここでは、GoProを購入した際にどのようなケースを選ぶべきなのかを見ていきましょう。

目次

GoProとは?

GoProケースはシリコンがおすすめ!

まとめ

GoProケース[スリーブ+ランヤード]をレンタル



そもそもGoProとは?


GoProは、アクションカメラという分類に位置付けされた比較的新しいアイテムです。このアクションカメラというのは、どのようなものなのでしょうか。たとえば、旅行中で気になった景色を臨場感たっぷりに写すことができたり、高解像度のムービーだったりを撮ることさえ簡単にできてしまいます。

単純に撮るだけにとどまらないGoProですが、実は本体はとてもコンパクト。手のひらサイズで収まるという点もGoProが人気を獲得した秘訣といっても過言ではありません。

そして、GoProは人気ゆえに各種アクセサリーが豊富にそろっているという特徴があります。予備のバッテリーはもちろん、自撮り棒、さらには色を補正するフィルターまでもがラインナップされています。


GoProは見た目がとても小さくそしてシンプルです。そのまま使っていただくのもありですが、スマートフォンのようにケースをつけて、見た目をオシャレにそして機能性をアップしてみてはいかがでしょうか。


GoProケースはシリコンがおすすめ!


GoProはさまざまなケースを選ぶことができますが、そのなかでもシリコンのケースは非常におすすめです。

GoProではスリーブ+ランヤードともいわれています。ちなみにスリーブはフィルムを保護するためのもので、ランヤードは首にかけられるストラップのことを表しています。このケースは見た目がオシャレになるだけではなく、GoProを利用するにあたって他にもいろいろなメリットがあるというわけです。


やはり、まずは首からGoProをぶら下げられるということが最大のメリットではないでしょうか。なぜなら、GoProはとても小さいため紛失してしまったり、手が滑って落としてしまったりする場合も考えられます。


そこで、ランヤードがあれば紛失することもありませんし、ましてや落下して壊れるなんてこともありません。また、カバンにGoProをしまっておくと、すぐに写真を撮りたいときに撮れず、ベストショットを逃してしまう可能性があります。


それはGoProが小さいゆえにカバンのなかで探し回ってしまうから。ですから、たったのストラップといえどもあなどることはできません。


ランヤードの長さも調整可能で首からぶら下げるのはもちろん、手首に固定してみたり、ギアにつけてみたりなどさまざまな方法でGoProを活用することができます。


そして、素材はシリコンで高級感あふれる素材がGoProのオシャレさをさらにひきたたせてくれます。


シリコンがいかにGoProと相性がいいのか。わかりやすくスマートフォンで考えてみましょう。もし、スマートフォンを購入した場合すぐにでもケースを選ぶ人は非常に多いのではないでしょうか。


その理由はさまざまですが、まずは本体を保護するという目的だったり、見た目をオシャレにしたかったり。ですが、ケースによって素材や柄がちがってくるものです。とくに素材が重要ではないでしょうか。ケースには大きく分けてハードとソフトの2種類が存在しています。


ハードケースの素材はポリカーボネートが中心で、さわってみると硬いという印象があります。ハードケースは耐久性が強く火が燃え移りにくいというメリットがあります。反面、素材が硬いため本体へ装着するのに時間がかかることも。また、いちど装着したら外すのにも時間を要する場合もあります。


ソフトケースの素材は、シリコンやポリウレタンが中心です。そのなかでもシリコンはさわってみると非常に柔らかいという印象があります。そのため、本体に装着するのも簡単にでき逆に取り外すことも難しくありません。


また、シリコンはハードケースのように表面がツルツルしていないため、すべりにくいという特徴があります。もし本体を落としてしまった場合にも、このシリコンの柔らかさが衝撃を吸収してくれます。


このように、GoProケースの必要性もスマートフォンと同じように考えるとイメージしやすくなったのではないでしょうか。見た目や機能性、すべてにおいてシリコンケースにまさるアイテムはないといってもいいでしょう。


GoProケースの気になるお値段ですが2,500円と比較的リーズナブル。カラーはブラック、ホワイト、ブルーの3種類から選べます。


このGoProケースは、HERO6 Black、HERO5 Black、HERO(2018)が対象のため持っている機種に合うかどうかはチェックしておきましょう。

​​​​​​​


まとめ


いかがでしたでしょうか。ケースといっても見た目を彩るだけのものではないということがわかりました。

GoPro専用のスリーブ+ランヤードはオシャレで実用性もあるため、ぜひとも手に入れておきたいケースといえるでしょう。


GoProケース[スリーブ+ランヤード]をレンタル

紹介したGoProケース[スリーブ+ランヤード]とGoPro本体がセットでレンタルできます。

これでGoProがいつでも手元にあるためベストショットを逃しません。

首から下げたり、手首に着けたり、ギアに装着したりと使い方は自由自在。手ぶらで撮影に出かけましょう。


人気記事ランキング

新着記事

カテゴリ一覧

-SNS-

話題のアイテムを格安でレンタル/エンカラーズ

話題のアイテムを使った体験や遊びを格安でレンタル!気軽に話題のアイテムを往復送料無料でお試しいただけます。購入前のお試しレンタル、旅行時の必要な時だけのレンタルなどにもオススメです。大人気のアクションカメラGoPro(ゴープロ)、定番の各種防水カメラも品揃え。360度カメラで新体験ができるRICOH THETA(リコー シータ)、お祝い事で大活躍のインスタントカメラ(チェキ)、旅行先でも簡単に写真を現像できるスマホプリンター、話題のバランスクーターのミニセグウェイなど話題のアイテムがどこよりも安い価格でレンタルできます。 普段から使い慣れたLINEで簡単に気軽にご質問できるLINEサポート、全商品に故障破損時の安心サポートが適用など初心者の方からどなたでも安心してご利用いただけます。