GoPro

旅行にも使えるGoPro純正アクセサリー7つを厳選紹介!

GoPro(ゴープロ)アクセサリー 旅行におすすめのアクセサリー6選

GoProは本体だけでも十分カメラとして楽しめます!
ですがGoProアクセサリーやマウントを使うとより一層GoProの力を発揮できる撮影を可能にします。

GoPro HERO7が発売され今までのGoProから買い替える人もGoProデビューする方も増えると思います。

GoPro HERO7の満足度は?使用者のレビュー・口コミを紹介!
GoPro HERO7の満足度は?使用者のレビュー・口コミを紹介!GoPro HERO7が発売となり、その画期的な性能に話題沸騰中です。 特にGoPro HERO7 Blackは独自の最新性能を備え、...

この記事で紹介するアクセサリーは全てGoPro HERO7 Blackにも対応していますので、
これからHERO7と購入するアクセサリーの参考にもなります。

GoProのアクセサリーのラインナップはとても多くどれを持って行っていいのかわからなかったり、
どのようなシーンで使うといいのか悩んでしまう方がたくさんいると思います。

今回は数あるGoProアクセサリーの中から旅行にも使えるおすすめのGoProアクセサリー7つをご紹介します。

GoPro カルマグリップ(Karma Grip)

KarmaGrip

カルマグリップ(Karma Grip)とはGoProが発売した純正品のスタビライザー☆です。
スタビライザーとは手ブレを抑え、映像を安定させるための装置

カルマグリップを使って撮影した時の一番の感動は、なんと言ってもスムーズな動画撮影です。

アクションカメラと呼ばれているGoProにぴったりなアクセサリーです。

GoPro本体にも手ブレ補正機能は備わっているとはいえやっぱり歩きながら撮影すると動画は多少ブレます。

しかし、

カルマグリップを装着して撮影するとまったくブレがない安定感のある動画撮影が可能になります。

動画を比べると別のカメラを使ったのではないかと思うぐらい動画の質に差があります。

そんな高画質な動画を撮ることができるカルマグリップですが使い方はすごい簡単です。

ボタンは全部で4つ。

「電源ボタン」

カルマグリップの電源ボタンで電源を入れるとGoPro本体の電源も一緒に入ります。

もちろん電源を切るとGoPro本体の電源も切れます。

「シャッターボタン」

本体から撮影モードを切り替えることなくカルマグリップのボタンで簡単に撮影モードを切り替えることが可能です。

「カメラアングル調整ボタン」

難しい角度調整を自分ですることなくボタンで簡単にアングルを変えることができます。

「ハイライトボタン」

撮影した写真、映像にハイライトタグをカルマグリップからつけることができます。

他にも、バッテリー残量が一目で確認できます。

観光での撮影はもちろんですが走り回る子供の撮影やサイクリング、ロードバイクなどの動きが激しいスポーツなどで動画を撮影したいときにぴったりのアクセサリーです。

さらにGoPro本体をカルマグリップに接続している間GoPro本体が充電されます。

純正品ならではの機能が充実していますね。

カルマグリップは、HERO5 Black HERO6 Black HERO7 Blackをそのまま装着可能です。

HERO4 HERO5 Sessionを使用する場合は別途ハーネスが必要となります。

カルマグリップは、購入した場合39,500円もするためなかなか手が出しづらいと思います。

enColorsではKarma Gripのレンタルの取り扱いもしておりますので一度使って見たいという方は是非一度レンタルしてみてはいかがでしょうか。

Karma Gripをレンタルする

GoPro クイックキー(Quick key)

quikkey

クイックキー(Quick key)は、Go Pro内にある動画・画像をスマホやタブレットに高速で転送できるGoPro専用のアクセサリーです。

GoPro本体にもWifi機能が備わっているため、スマホやタブレットへの転送は可能です。

しかしWifiを利用した転送には時間がかかります。

そしてGoPro本体のWifi機能を使って転送する際、一番ネックになるのは電池消耗が多いことです。

GoProはそもそもバッテリーの減りが早いので、旅先で思い立ったときに転送できないことがネックとなります。

それを解決してくれるのがクイックキー。

クイックキー
クイックキーを使ってGoProのデータを高速転送!GoProで撮った画像をその場ですぐにスマホに送りたい という時に便利なアイテムがGoPro Quik key(クイックキー)です。 ...

使い方もシンプルで簡単

使い方は簡単!MicroSDをクイックキーに差し込み、そのままスマホ・タブレットなどへ直接転送できます。

クイックキーにはMicro-USBタイプ、USB-Cタイプ、iphone/ipadタイプの3種類あります。

またクイックキーは、GoPro専用アプリと互換性もあるため画像編集も可能。

一度使うとその速さに驚かされること間違いありません。

GoPro ミニ延長ポール ミニ三脚

shorty

ショーティ(Shorty)は、GoPro専用のミニ三脚です。

魅力はなんと言っても三脚なのにかなりコンパクトサイズ!

他の自撮り用のグリップや三脚と比べてもとにかく小さいサイズ。

全てただんた状態だと11.7cm。男性の手にすっぽり収まってしまうような大きさです。

小さいのでポケットに入れての持ち運びができるサイズで、重さは66gとても携帯性に優れています。

コンパクトなサイズにも関わらず、高さが4段階に調整できます。

高さが調整可能のためシーンに応じた撮影が可能。

最長22.7cm まで伸ばすことができます。

GoPro Shortyは自撮り棒にも三脚にもなる超便利なマウント
GoPro Shortyは自撮り棒にも三脚にもなる超便利なマウント!GoPro shorty(ショーティー)は軽量で万能なGoProのマウントです。 これまでGoProの万能マウントといえば3way...

使い勝手は3-Way並み

shorty-3way

GoProは自動補正機能もありますが、やはり三脚を利用した方が動画、写真ともに安定します。

ショーティの優れている部分は三脚だけではありません。

自撮り棒としてのグリップとしても使用できます。

三脚、カメラグリップと2つの使い方できる万能アクセサリーです。

GoPro専用製品のため小さいですがGoProを装着しても安定感があり使いやすいです。

GoPro HERO7 Blackの新機能、HyperSmoothビデオはジンバル並みの安定機能を搭載しているのでより安定感を求める方にもおすすめです。

GoPro カメラアーム(3-Way)

3-Way

GoProといえばこちらの自撮り棒のようなマウントアクセサリーを思い浮かべる方が多いと思います。

コンパクトなのに3 way!

1つでカメラグリップ、延長アーム、三脚を備えています。

実際に手にしたことがない方は、大きく持ち運びづらそうと思う方もいると思います。

しかし全てたたむとコンパクトサイズ。他のカメラグリップとそんなに変わりません。

全てただんた状態だと長さは500mlのペットボトルと同じか3 wayの方が短いぐらいです。

延長アームを全て伸ばした時は、最長50.8cmにもなります。

そのため延長アームを伸ばして撮影すると背景もしっかり入り、大人数で自撮りしたい時などに便利です。

インスタなどで流行っている「彼氏(彼女)とデートなう」風の撮影にもぴったり。

あると便利な「GoPro 3way」!3つの使い方を徹底レビュー
あると便利な「GoPro 3way」!3つの使い方を徹底レビュー「GoProをもっと活用したい!」 GoProを購入して扱いに慣れてくると、色々な使い方を試したくなりますよね。 ですが、GoP...

自撮り棒とはここが違う

3-wayはGoProを使ったひとり旅のときにも役立ちます。

ひとり旅の時は極力荷物を少なくしたいと思います。

そんな時3-wayは便利なんです。

三脚と自撮り棒を別々に持たなくていいのです。

普段撮影に三脚に使っていないと三脚がなくても困らないと思います。

ただ旅先で景色と一緒に全身を撮りたい思ったとき三脚が付いていると便利です。

この三脚とGo Proの強みの広角レンズにより大きな建物と一緒に撮影が可能です。

アプリがあればリモコンは不要

3 way と書かれていると少しハイテクに感じるかもしれませんがこの3 wayにはリモコンなどは付いていないシンプルな自撮り棒とイメージしてください。

ですが、スマートフォンさえあればリモコンがなくても問題ありません。

GoProの専用アプリをダウンロードしておけば、スマートフォンからシャッターを押すことが可能です。

またGo Proのタイムプラス機能を使えば自然な動き、表情の撮影ができるためリモコンなどがなくても不自由はしないでしょう。

GoPro Super Suit(ダイブハウジング)

ダイブハウジング

ダイブハウジングはダイビング用のGoPro専用アクセサリーです。

GoPro HERO4では本体そのものに防水機能はありませんでした。

GoPro HERO7 HERO6 HERO5 Blackでは、アクセサリー不要(本体のまま)で水深10 メートルまでの防水機能がついています。

プール、マリンレジャーなどでは問題なく使用できます。

Super Suit を本体に装着すると水深60メートル(196ft)まで潜ることができ、上級者のダイビングでの利用も可能になります。

ダイビング中、思わずぶつかってしまう砂利、小石、ホコリなどからレンズを守ります。

また平面ガラスにより綺麗な映像を残すことが可能です。

10mの防水も完璧ではない

先にGoPro HERO7 HERO6 HERO5Blackは、水深10メートルまで可能な防水機能が装備と説明しました。

ただし、

ケーブル端子などのゴム部分から万が一水が入ってしまった場合は本体が壊れてしまう可能性があります。

そのため水中に入る際は、Super Suitを装着して使用した方が安心して水の中に入ることができます。

また、Super Suitを装着しても音声録音は可能ですので地上の撮影と同じように動画撮影を楽しむことが可能です。

GoProはダイビング向けアクセサリーが豊富

SuperSuit以外にも手から離れても浮いてくれるハンドグリップ、手首に巻きつけるハンドリスト、
より海での動画を鮮明にするダイブフィルターなどGoProにはたくさんのダイビング向けアクセサリーが存在します。

ダイビング向けのアクセサリーはこちらで紹介してます。

よろしければこちらもご覧ください。

GoProダイビング!ダイビング向けのGoProのマウントとは?
ダイビングにおすすめのGoProマウントは?おすすめアクセサリー4選海中の美しい光景や海洋生物が動いている姿など、ダイビングをされる方はその感動的な世界を録画したいと思われる方も多いでしょう。 ダイ...
GoPro防水ハウジングは純正品とサードパーティー製どちらがおすすめ?
GoPro防水ハウジングは純正品とサードパーティー製どちらがおすすめ?GoProは何も装着しなくても水深10mくらいまではそのままで使用することが可能です。 水中では常につけているに越したことはないで...

GoPro 予備バッテリー&デュアルバッテリーチャージャー

デュアルバッテリーチャージャー

GoPro唯一の欠点といえば、バッテリーが持たないことです。

撮影モードによっても異なりますが

だいたいバッテリー持続時間は1時間40分〜2時間弱です。

例えば1日街歩きの観光の時などを想像していただくとわかるのですが2時間のバッテリーだと全く足りません!

予備バッテリー、またはモバイルバッテリーを持っていないと残り電池を気にしながら撮影しなくてはいけません。

モバイルバッテリーを使用すればGoProも長時間撮影が可能ですが持ち運びを考えると予備バッテリーが理想です。

または絶対撮影したいシーンが電池切れのため撮影できない場合も考えられます。

そのため予備バッテリーの準備が必要になります。

アクセサリーの中でも予備バッテリーは必需品

バッテリー充電中はGoProを撮影に持っていけません。

そこでデュアルバッテリーチャージャーと予備バッテリーがあれば、バッテリーの充電をしている間にもGoProを持って撮影に行くことが可能です。

デュアルバッテリーチャージャーは2つのGoProバッテリーを同時に充電することができます。

旅行中記録に残しておきたいシーンを撮り損ねないためにも予備バッテリーとデュアル バッテリーチャージャーは必需品です。

予備バッテリーと一緒にデュアルバッテリーチャージャーも用意することをお勧めします。

GoPro スリーブ+ランヤード

スリーブ+ランヤード

こちらは2018年に発売された新しい形のGoProアクセサリーです。

今までアクティブなシーンでも使えるマウントやアクセサリーが多かったのですがこちらはセルフィー撮影やファッション性を重視したアクセサリーです。

GoProにケースは必需品!スリーブ+ランヤードがおしゃれで実用的!
GoProを首から下げる純正アクセサリー・スリーブ+ランヤードがおしゃれ!2018年に新たに魅力的な新機能を搭載したGoPro HERO7 BLACK/Silver/Whiteが登場しました。 旅行やイベ...

シリコン素材のスリーブケースがランヤードとつながっていて首から下げたり、手首に巻いたりしてストラップのようにも使えます。

首から下げたりポケットに入るので荷物がかさばることもなく手軽に使えるおすすめのアクセサリーです。

自撮り棒が禁止とされるディズニーリゾートにGoProとスリーブ+ランヤードを持っていけば活躍すること間違い無いでしょう。

GoPro純正アクセサリーの中でもかなり安い値段で購入できる点もおすすめです。

まとめ

一緒に旅に持っていって欲しいGoProアクセサリー7選いかがだったでしょうか。

どのアクセサリーもGoProと一緒に使ってもらえるとGo Proをより使いやすく楽しんでいただけることでしょう。

旅の写真・動画など鮮明に残すことができたら旅行の帰り道や帰宅後、旅の思い出として間違いなく写真・動画を見返すのが楽しみになると思います。

GoProの使い方はこんなにもある!GoProの活用方法を紹介!
GoProの使い方はこんなにもある!GoProの活用事例を紹介!GoProは耐久性に優れ、軽く、どんな場面でも活躍できるアクションカメラの代表製品です。 2018年10月にはGoPro HERO...

GoProをレンタルしよう

enColorsは定番のHERO5から最新のHERO7までGoProを格安でレンタルサービス。

あらゆるシーンに対応できるアクセサリーが充実。往復送料無料でお支払いが返却後にできる後払い決済もございます。
ぜひ一度ご利用ください。

GoPro(ゴープロ)を最安でレンタル|enColors[レンタル]

今ならLINE@登録で今すぐ使える500円OFFクーポンプレゼント中

旅行に”いい”カメラを持っていこう


せっかくの旅行、ハイスペックなカメラで旅の思い出を残しませんか?
買うには高い。でも、レンタルなら安くで”いい”カメラを使えます。

海に防水デジタルカメラ、観光にはGoPro(ゴープロ)、お祝い事にはチェキ、目的別にレンタルができます!

レンタルページへ