マリンスポーツ

サーフィンがオリンピックの種目に選ばれたって本当?

サーフィンがオリンピックの種目に選ばれたって本当?

海といえば、サーフィンを思い浮かべる人は非常に多いのではないでしょうか。

サーフィンはまさに海の王道のスポーツとして、さらにはカッコイイというイメージがあるため、時期を問わず人気があります。

実は、サーフィンは2020年の東京オリンピックに、はじめて正式種目として採用されました。

これだけの知名度があるスポーツなのにもかかわらず、ようやくオリンピックの種目になったことで、サーフィンはチャラいイメージがありましたが格式のあるものとして認識されたというわけです。

オリンピックでのルールってあるの?

サーフィンとは専用のボード(板)を使い、海の上で波に乗るスポーツです。

サーフボードには、板が短いショートボードと逆に長いロングボードの二種類があります。

ショートボード

ショートボードは、150㎝~180㎝くらいあり板が薄く短いため、コントロールが難しく乗りこなすのに時間を要しますが、乗りこなせればひじょうにカッコよくうつります。

ロングボード

ロングボードは、275㎝以上あり二人分くらいの高さがあります。

この長さのおかげでショートボードよりかは安定して波乗りをすることができる反面、小回りがききにくいというデメリットがあります。

サーフィンの魅力は、動きが予測できない波にようやく乗り一体になることで達成感が味わえることではないでしょうか。

サーフィンのルール

そんなサーフィンも、2020年の東京オリンピックで正式種目として表舞台へでられるようになりました。

オリンピックはルールにのっとって競技を行いますが、サーフィンにもそれに該当するのでしょうか。

国際サーフィン連盟が定めたルールによると、まず、1つの波に乗れるのはたったの1人だけというもの。

そして、波に乗ろうと選手の邪魔をしてしまうとペナルティーの対象になってしまいます。

また、4メンヒートとよばれる4人ずつで競技をして、2人勝ち抜き方式を採用しています。

1試合につき25分程度のなかで、10本の波に乗って加点されます。合計点が高かった選手は好順位になるということです。

採点方法は、技の難易度やスピード、パワー、魅力的な技を魅せられるのかで大きく異なってきます。それらを5人から7人の審査員によってチェックされ点数が決まります。

オリンピックの選手になるためにはどうすればいいの?

どの競技でもおなじことがいえますが、野球にもサッカーにも日本代表選手が必要です。

サーフィンにもそれがあてはまるわけですが、どうやってオリンピックの選手になることができるのでしょうか。

まず、東京オリンピックでは、合計40名(男子20名・女子20名)しか競技に参加することができません。

まさに選ばれた人だけがサーフィンのオリンピックに挑戦できるということです。

そしてオリンピックに参加するためには、公募で選ばれないといけません。

国際大会などでランク分けされ、最低でもA指定選手になる必要があります。

また各地でサーフィンの大会を行っているため、そこで勝ち抜き注目されることがはじめの第一歩といえるでしょう。

サーフィンのオリンピック会場は千葉

東京オリンピックだから東京湾でサーフィンをするの?って思いがちですが、そうではありません。

波がまったくないところで開催しても、競技にならないのは誰でもわかること。

そこでオリンピックの開催地に決定したのが、千葉県の九十九里浜の最南端に位置する釣ヶ先海岸という場所です。

一般の人にはなじみのない地名ですが、サーファーにとっては有名な波乗りスポットになっていることでオリンピックの開催地として選ばれました。

数あるサーフポイントがあるなかで、釣ヶ先海岸が選ばれた理由は、世界最高レベルの波があるからといわれています。

また駐車場が舗装されていることや、簡易シャワーが設置していることも選ばれたポイントの1つではないでしょうか。

オリンピックを見に行くのならチケットの購入を忘れずに

もしサーフィンに興味がありオリンピックを現地で思う存分みたいのであれば、チケットの購入が必要です。

東京オリンピックの開催日は、2020年の7月24日から8月9日までと発表されています。

もちろん、まだ先の話なのでチケットは購入できません。

前回のオリンピックの場合では、開催日の1年前から販売されていたため、2019年にはオリンピックのチケットを購入することができるでしょう。

そして肝心なチケットの料金ですがまだ確定していません。

こちらも前回のオリンピックで考えると、2,020円~という予想ができます。

ただし、人気種目によって変動しますので注意が必要です。

購入できる場所はチケット販売で有名なぴあや、JTBなどが候補にあがるのではないでしょうか。