GoPro

ドームポートとは?インスタで話題のGoProとドームポートがおすすめ

ドームポートとは?インスタで話題のGoProとドームポートがおすすめ

夏になると海のシーズンがはじまることから、より写真の需要が高まります。

そのため、スマートフォンだけではなくGoProをつかってインスタグラムに写真をアップする人が増えてきます。

ですがただアップするのではなく、特殊なアイテムを使い他ユーザーの目を惹くことができます。それがドームポートといわれるアイテムです。

そもそもドームポートとは?

ドームポート
GoProをつかえば、キレイな景色だけではなく水中の画像もバッチリ撮ることができます。

ドームポートを使うと、また違った角度から素晴らしいものが撮ルことができます。

このドームポートとは、水中と水上を同時に両方撮ることができるという特殊なアイテムです。

本来であれば水中と水上を別々に撮ることしかできない画像を、このドームポートがキセキの1枚にしてくれます。

スマホでは撮れない!ドームポートの仕組み

そもそも、iPhone、スマートフォン、GoProのようなカメラだけでそのような写しかたはできないのでしょうか。

答えは、スマートフォンのカメラの仕様上難しいといえるでしょう。

もっと解りやすくイメージすると、水上から水中の写真を撮ることはできませんし、水中に潜りながら水上の写真も撮ることはできません。

なぜなら、カメラと写すモノの間に水が入ってしまうと、光が差し込んでしまい写真うつりに影響を受けてしまうからです。

これはカメラの屈折率が影響しているといわれています。

カメラを撮る際に海水と地上の空気とのあいだで、光が通過するときに曲げられてしまい、カメラと被写体をまっすぐとらえることができません。

カメラは目の前のものしか撮れない

水中は静止ではなくつねに波打っているためよけいに撮った画像は汚くなってしまいます。

ようするに、人が目の前のものをすぐに認識できるのと同じように、カメラもおなじようにその前のものしか写すことができないというわけです。

冒頭で、水中と水上を合体させた被写体を撮るのは難しいとお伝えしましたが、もちろん、タイミングがピッタリ合えば、それは実現する可能性はあります。

しかし、結果的には見るに堪えない写真として完成するわけです。

これを完璧に写真として完成させるためには、水中と水上の両方の視野をしっかり確保することが肝心といえます。

イメージは水族館

水族館でイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

水族館に行くと、ほとんどの人は水槽の中にいる魚を撮ることでしょう。

私たちは、水中の横から見ることになりますから、まさに水中と水上がはっきり見えますし、
そのまま写真を撮ると、ドームポートで撮ったかのようにすることが可能です。

なぜこのようなことができるのか。

それは、わたしたちが水中にいないからです。

カメラの前に水があるわけではないため、写真を撮るときの視野がしっかり保たれているというわけです。

水槽があるおかげで、レンズに水がつくこともなく画像がゆがむこともありません。

このように、水族館と同じような画像を撮りたいときに活躍するのがドームポートというわけです。

ドームポートで写真を撮ってみよう!


ドームポートは、ドームと名前がつくように、丸みを帯びたアクセサリーという特徴があります。

自作される方も多くいますがやはりちゃんとしたものを万が一をのことを考えた場合購入したほうがいいでしょう。

4,000円前後から購入することができるため、比較的手に入れやすいアクセサリーです。

そしてこのドーム状が広角レンズを防水にすることで、水中と水上の両方の写真を撮ることができるというわけです。

簡単に半水中写真は撮れる

ドームポートの使い方は、いたって簡単です。

1.GoProのレンズを前にするようにドームポートの後ろからさしこみます。

2.後ろのカバーを確実に閉めます。

GoPro HERO5やHERO6は一応防水ですが、ドームポートのなかに水が入ってしまうと、性能を発揮することができません。

そのため、カバーを閉める前に、その周辺に小さなホコリやゴミがついていないかを確認しましょう。

ゴミやホコリがあることでわずかな隙間ができてしまい、水が浸入してしまう可能性があるということです。

準備ができたら、水中と水上の間にセットをし、写真を撮ってみてください。

普段撮ることのできない画像を写しだすことが可能です。

初めての方でも難しい撮影方法やコツもなく簡単に撮影できるのも人気の理由の一つと言えるでしょう。

まとめ

GoProは今まさにカメラ好き以外でも持つようになりました。

それは、スマートフォンでは実現できない広角動画が撮れるからです。

そしてそれをさらに良くしてくれるのがドームポートというわけです。

ドームポートという聞きなれないアイテムでしたが、海で大活躍するものだということが理解できました。

そしてドームポートで撮った不思議な写真をインスタにアップすれば、たちまちそれは人気になること間違いなしです。

日本では海に行ける時期は6月~9月ごろまでと限られてますし、そう何度も行くものではありません。

夏のいい思い出としてドームポートを使って、記憶に残るような写真を撮ってみてはいかがでしょうか。

旅行に”いい”カメラを持っていこう


せっかくの旅行、ハイスペックなカメラで旅の思い出を残しませんか?
買うには高い。でも、レンタルなら安くで”いい”カメラを使えます。

海に防水デジタルカメラ、観光にはGoPro(ゴープロ)、お祝い事にはチェキ、目的別にレンタルができます!

レンタルページへ