GoPro

GoProディズニーには純正ネックストラップ型アクセサリーがおすすめ

GoProにケースは必需品!スリーブ+ランヤードがおしゃれで実用的!

GoProを使ってディズニーリゾートでの楽しい時間を撮影したいという方は多いでしょう。

ディズニーリゾート内は撮影方法や機材の持ち込みが制限されていると聞くことがありますが、どのような方法なら問題なく撮影できるのでしょうか。

ディズニーではハンドグリップはOK?

ディズニーが公式に発表している園内での撮影ルールは

ハンディサイズのグリップアタッチメントを除き、一脚・三脚・自分撮りスティック等の補助機材の使用を禁止する

ハンディサイズのアタッチメントを除き」ということは手に収まるサイズならいいのか気になるところです。

実際の利用者の声

利用者の声

・アームを伸ばして使っていたら縮めるように言われたけど、縮めたらOKと言われた
・入園の荷物検査の際にバッグに自撮り棒が入っていたけど伸ばさないと言ったら持ち込みOKだった

実際にディズニーでGoProのカメラアームを利用された方の声を聞くと短ければOKなのか?
と思われる体験談があります。

また一脚・三脚が禁止されているのも安全のためという理由になっていますが、これは三脚で固定してパレードを撮影したゲストがそれをDVDにして販売したという事案が発生したのが本当の理由と言われています。

もしかするとハンドグリップが禁止なのも、手持ちのカメラよりも固定が容易で伸ばせば人混みの上か障害物を避けて撮影できるからというのもあるのかもしれません。

結論伸ばさなければOK

ともかくカメラアームや自撮り棒は伸ばさなければ使用OKのようです。

しかし、具体的な長さや使用例などは示されておらず結構基準は曖昧です。

ディズニーのスタッフの塩梅によるのかもしれません。

逆にいうとハンドグリップであってもマナーの悪い使い方をしていると使用を止められる可能性があります。

マナーは守る必要はもちろんありますが、

「これ使って大丈夫なんだよね?ハンドグリップだから大丈夫だよね?伸ばさなければいいんだよね?」

という不安な気持ちがあるとちょっと楽しい気分に水を差してしまう場面があるかもしれません。

ディズニーで撮影する場面について考えてみる

そもそもなんでディズニーでハンドグリップで撮影する必要があるんだろう

と考えてみます。

ハンドグリップがあれば自撮りが簡単だからと回答される方が多いでしょう。

また、普段ありえない視点から撮影できるからと回答される方もいるでしょう。

確かにハンドグリップでないと撮影できないアングルはあります。

ハンドグリップの必要性

しかし、自撮りに関しては広角レンズを使用しているGoProで撮影するのであればハンドグリップやスマホを使わなくても他のカメラよりはかなりいいものが撮影できます。

GoProの視角はとても広いので、普通のカメラだと手でカメラを伸ばして自撮りしたら画面からはみ出してしまったというような状況でも、GoProを使えば周りの景色もしっかり入った状態で自撮りが可能です。

特に友人同士でディズニーに行ったら、周りの風景を入れて複数人がしっかり収まった状態で自撮りをしたい場合が多いでしょうから、そういった場合にもGoProの性能はしっかり要望を満たします。

撮影のたびにカバンから出すのは面倒

さて

「ハンドグリップがなくてもなんとかなりそう」

というのはわかりましたので、ディズニーリゾート内でのGoProの持ち運び方法や出し入れについて考えてみます。

撮影のたびにバッグから出すのも手間ですし、手にずっと持っているのも邪魔です。

落としたりどこかにおき忘れたりしたらせっかくのディズニーが台無しです。

落としてもちょっとやそっとじゃ壊れることはありませんが手持ちの場合は紛失が一番心配です。

ディズニーでGoProを持ち運ぶのに便利なスリーブ+ランヤード

常に手ぶらで、でもすぐに撮影できるという条件を満たしたのがGoProの純正アクセサリー「スリーブ+ランヤード」です。

「スリーブ+ランヤード」はGoProをスリーブ(シリコンケース)に入れてランヤード(いわゆるストラップ)でつないで持ち運べるというアイテムです。

要は首からぶら下げることで手ぶらでGoProを持ち運べるわけです。

また、ランヤードは伸縮可能で手首にしっかりぶら下げることもできます。

ありそうでなかったGoProアクセサリー

これまでGoProのマウントはややエクストリームな環境で体にしっかり固定できるのが第一目的だったため、スリーブ+ランヤードのように安定性をそこまで重視しないマウントはありませんでした。

しかし、GoProがあらゆる場面で撮影を楽しめるアクションカメラとして普及したことで、ディズニーリゾートのようなエンターテイメント施設で気軽に撮影をするシンプルなニーズが増えたということでしょう。

手軽さでいうと他のアクセサリーよりも群を抜いています。

気軽に使える面で考えると今後利用者は増えていくことは間違い無いでしょう。

数あるGoProマウントの中でも、これはありそうでなかった汎用性の高いアイテムです。

GoProのスリーブ+ランヤードは見た目も機能もGood

GoProスリーブ+ランヤードはブラック・ホワイト・ブルー・ピンク・レッドの5色があります。
(2019年2月現在)

GoProの本体の色は黒なので、ブルーのスリーブに入れることでかなり印象が変わります。

ブルーは水色に近いパステル調なのでだいぶかわいい雰囲気です。女性には特に人気が出そうです。

白色はクールな感じで男性が選びやすい感じがします。

黒はこれまでのGoProのイメージが好きな方に良いでしょう。

純正ならではの品質

このスリーブはシリコン製で非常に触り心地がいいと評判です。

触り心地がいいだけでなく当然滑りにくいので、撮影の際にも扱いやすいです。

品質が悪いシリコン製品だとベタついたり劣化が早いですが、GoProスリーブ+ランヤードの場合は大丈夫です。

また撮影ボタンやマイクの部分はしっかり穴が確保してあり、スリーブをつけると操作しにくくなったとか、撮影の品質が変わるという心配もありません。

GoProのスリーブ+ランヤードを使って動画の撮影はできるか

GoProのスリーブ+ランヤードは首や手からぶら下げるためのアイテムなので、どこかに固定するのにはあまり向いていません。

ディズニーリゾートで動画を回しっぱなしにして上手に撮影するには、手で持つしかないでしょう。

ただし、ランヤードを長さ調整して手首にぶら下げることもできるので撮影開始したいと思った時にすぐに操作することは可能です。

手を離してもちゃんと手首にぶら下がってくれるので、両手をすぐに自由にすることができます。

あまり考えたくはありませんがディズニーで転んだ理手が滑ったりして何処かに飛んで行ってしまったり、人にぶつけたなんていう事故の可能性は低くなります。

動画撮影の際は視野が狭くなりがちなので周辺の状況には気を配ってGoProを使用する必要があります。

結局GoProのスリーブ+ランヤードとハンドグリップどちらがいいの?

実際ハンドグリップも伸ばさずに手に握る部分だけを使用すればディズニーリゾート内でもおそらく大丈夫なので、正直好みもありますが、

スリーブランヤード

見た目、撮影の手軽さを重視する方

ハンドグリップ

セルフィー撮影に腕や手が映るのを控えたい方

です。

スリーブ+ランヤードであれば見た目も可愛らしいですし、両手は自由になります。

そもそもGoPro自体非常に軽いので首からぶら下げていても重さはほとんど気にならないでしょう。

特別な空間で特別な瞬間を逃さないために、GoProの純正アイテム「スリーブ+ランヤード」をぜひ使ってみてください!

GoProスリーブ+ランヤードはレンタルできる

紹介したスリーブ+ランヤードとGoPro本体がセットでレンタルできます。

もちろん、ハンドグリップとのセットもレンタルできます。

エンカラーズなら1泊から普段のネットショッピングのように簡単にレンタルできます。

しかも初めて使う方も安心の保証制度や初心者セットなどレンタルサービスが充実!

ぜひ一度ご利用ください。

GoProをレンタルする


ショッピングカート画面でクーポンコードをご入力ください。

※クーポンのご利用期間は予告無く終了する場合がございます。
GoPro本体またはGoProセットがご注文に含まれている必要があります。
※クーポンの兼用はできません。