正月のディズニーは混雑必須!ランド?シー?どっちが空いてるの

正月のディズニーは混雑必須!ランド?シー?どっちが空いてるの 国内旅行
新年をディズニーで過ごしたい

と言う方は多いと思います。

みなさんの予想通り新年のディズニーは大変混雑しますから、ある意味遊びに行くには覚悟が必要です。

ランドとシーだとどちらが混んでいるのかなども含めて、年末年始のディズニー戦略を立てるのにお役立ていただければ幸いです。

年末と元旦の営業状況


年末年始はディズニーリゾートはどのような営業状況なのでしょうか。
まず12月25日まではクリスマスイベントがあります。

当然この日までは混雑しますが、これが終わると元旦まで特別なイベントはありません。

冬休み期間に入っているため、それなりに来園者は多いですが、極端に混雑すると言う感じでもないようです。
ある意味タイミング的には12月26日~12月30日の特に平日は狙い目といっていいでしょう。

大晦日は閉園が早い

12月31日は例年ランド、シーともに営業時間が短くなるので注意が必要です。

今の所公式ホームページを見ると

ディズニーランド 08:00~17:00
ディズニーシー 08:00~18:00

と、両方とも閉園時間が早くなっておりますので注意が必要です。

昨年のデータをみると(2018年現在)、12月31日は日曜日だったにも関わらず、アトラクションの待ち時間はピーク時平均30分未満ということなので、31日の日中の訪問も狙い目かもしれません。

一年の最後にアトラクションを乗り倒したいと言う方にはピッタリでしょう。

ディズニーで年越しをする

例年、12月31日大晦日のディズニーはニューイヤーズ・イブ専用パスポートが発売されます。
これは抽選で当選しないと入場することができません。
大晦日の20:00から1月1日の22:00までディズニーへ滞在することができる特別なチケットです。

このチケットを持っていると1月1日の04:00以降はディズニーとシーの行き来がし放題になります。
そして、一般のゲストでも1月1日は02:00~入場開始です。

ですので1月1日の営業時間をまとめると

【ニューイヤーズ・イブ専用パスポート】

ディズニーランド 前日20:00~22:00
ディズニーシー 前日20:00~22:00
※04:00以降はランド、シー行き来自由

【一般】

ディズニーランド 02:00~22:00
ディズニーシー 02:00~22:00

と言うことになります。

つまり、元旦のディズニーにいつも通り朝の8時ごろ来た場合、すでに前夜から園内で遊んでいるゲスト、早朝からきて並んでいるゲストの後に入場することになります。
普段より当然混雑しますし、入場もアトラクションも待つことになる可能性は高いです。

ただし、元旦の日の体感での混雑や待ち時間は、園内に入ってしまえば意外に待たなかったと言う声もあります。
前夜から遊んでいる層は流石に疲れているのと、入場が早い時間から可能であることによって混雑が分散されている面もあるようです。

最も混雑するのは2日と3日

ディズニランド、シーともに最も混雑するのは元旦以外の三ヶ日です。
時間帯によっては入場制限がかかることもあり、アトラクションの平均待ち時間は60分を超えます。

入場制限がかかる場合は日中の9:00~16:00に及ぶことがあります。
せっかくいったのに日が暮れるまで入れないのは正直かなりきついでしょう。
特に子供連れにとっては大変でしょう。

ランドとシーの混雑差

ランドとシーどちらが混雑しているか、はっきりいって同じです。

どちらも相当並びますし、入場に関しては朝早く行って並ぶか、夕方以降に行くのが無難ではあります。
電車で行く場合は駅のホームから競争が始まるようなので、転倒や衝突などの事故には十分に気をつけて下さい。

人気アトラクションのファストパスも例年午前中にはほぼ売り切れます。
ファストパスが売り切れるくらいですから、ファストパスで指定された時間に並んでも当然待たされる可能性はあります。

正月のディズニーって通常日とは何が違うの?

ディズニーの正月イベント期間は例年元旦から1週間くらい続きます。
正月のディズニーでもアトラクション自体は特に変わりません。

ディズニーキャラクターの服装がお正月仕様に変わります。

ですので正月にしか撮影できない写真がいっぱい撮影できると言うことで、人が殺到します。

正月色はキャラクターだけじゃない

ワールドバザール前には巨大な門松が設置されます。
撮影したい人が殺到しますので、ここは大変混雑します。

園内を回っているトロリーバスも新年お飾り付けがされていますし、ミッキーやミニーなどのキャラクターも羽織袴を着ていたり呉服だったりと、和風のコスチュームを見にまとっています。

また、新年仕様のコスチュームをまとったキャラクターたちがパレードのルートを乗り物に乗って挨拶に回るニューイヤーズグリーティングが行われます。

ランドは1日2回・1回35分、シーは1日2回・1回15分行われ、その年の干支のキャラクターは特に豪華な演出になります。

またグッズやフードもお正月限定の商品がたくさん登場します。

日本の行事ということでだるまをあしらっていたり、プリントされたキャラクターが和服を着ていたり、和菓子があしらわれていたりとこの時期の日本のディズニーでしか購入できないものが多数です。

正月のチケットの購入はどうすればいい?


正月にディズニーに行く場合チケットは事前に購入した方がいいです。
ここではチケット別に購入方法を紹介して行きます。

ニューイヤーズ・イブパスポート

カウントダウンチケットとも言いますが、大晦日の20:00~元旦の22:00まで滞在できるチケットです。

最も一般的な入手方法は9月から3回にわたって公式サイトで実施される抽選にエントリーすることです。
2018年度の倍率は8倍ということでした。

あとは、大晦日にディズニーホテルの宿泊を予約し、宿泊者用のニューイヤーズ・イブパスポートをホテルで購入するパターン。
ちなみに2018年9月現在、大晦日のディズニー公式ホテルはほぼ満室となっているようです。

他にはディズニーのファンクラブに入会していると、特典で応募の権利が与えられたりします。
旅行代理店のツアーを通して申し込むという方法もあります。

通常チケット

特に1月2日、3日にディズニーに行く場合は日時指定のチケットをオンラインで購入しておくのがおすすめです。

万が一、いけなくなってしまった場合も日付変更の手続きを行うことで別日に使用することができます。

また、正月に入場制限がかかった場合も、日時定のチケットがあれば入場することが可能です。

チケットがない場合はこの日時指定のチケットを持っているゲストに入場を優先されてしまうのです。
オンラインチケットの売り切れは近年はないようですが、行くことが確定した段階で早めに購入することをおすすめします。

正月のディズニーの口コミ

2018年の1月2日と3日の両方行きました!
どちらかというとランドの方が混んでいたようです。
ワールドバザールの門松は写真をとる人でものすごく混雑していました。(女性)
毎年ニューイヤーズグリーティングを見たさに参加しています。
着物姿のキャラクターを見てすごく幸せな気分になります。
混雑しているので写真はうまく撮れないかもしれません。
90分前くらいから場所取りをしていれば一列目をゲットできるはずです。
時間は短いですが正月だけの特別なディズニーを楽しめます。(女性)
正月期間中は基本的に何をするにも行列になると考えておいた方がいいと思います。
アトラクションはもちろん、レストラン、売店、全てにおいて相当な時間を覚悟しておく必要があります。
1月2日に電車で行きましたが、舞浜駅に電車が到着し扉が開くや否や競争が始まり…。
新年から怪我してはたまりませんのでみなさん注意しましょう。(男性)

ディズニーにGoProを持って行こう

“GoProディズニー”というワードが生まれるくらいディズニーでの撮影でGoProは使われています。

ですがディズニーでは自撮り棒の禁止などで撮影方法に制限があります。

そこで当店エンカラーズではディズニーで快適にGoProを使うためのオススメのセットをレンタルしています。
首から下げるネックスストラップ型のアクセサリーである『スリーブ+ランヤード』とGoProをセットでレンタルできます。

首から下げれるので荷物にもならず、好きな時に手軽に撮影することが可能です。
中でもセルフィー撮影にはかなりオススメです。

1泊から送料無料で簡単にレンタルできますのでぜひご利用ください。

レンタル/GoPro HERO5 Black スリーブ+ランヤードセット | enColors[レンタル]
GoPro(ゴープロ)HERO5 Black スリーブ+ランヤードセットをレンタル。各種シーンにおすすめ。enColorsで GoPro HERO5 Black スリーブ+ランヤードセットを格安レンタル。全品送料無料、安心保証サービス付き。
レンタル/GoPro HERO6 Black スリーブ+ランヤードセット|enColors[レンタル]
GoPro(ゴープロ) HERO6 Black スリーブ+ランヤードセットをレンタル。各種シーンにおすすめ。enColorsでGoPro HERO6 Blackスリーブ+ランヤードセットを格安レンタル。全品送料無料、安心保証サービス付き。
GoProディズニーには純正ネックストラップ型アクセサリーがおすすめ
GoProディズニーというワードがあるほどディズニーでGoProを使うのが人気です。自撮り棒の禁止、撮り方に制限があってもネックストラップ型アクセサリー、スリーブ+ランヤードを使えば規制を気にせずよりGoProを使って撮影を楽しめます。