国内旅行

沖縄が冬の旅行でおすすめな9つの理由

沖縄が冬の旅行でおすすめな9つの理由

青い海!焼け付く日射し!
オリオンビールに海辺でBBQ!
というように沖縄は夏に行くところだとお考えの方も多いことでしょう。

しかし、実は冬の沖縄も旅行先としてとってもオススメなんです。
冬の沖縄がおすすめの9つの理由をご紹介します。

観光地が空いている


「沖縄といえば南国リゾートだから冬に行くところはないのでは?」

そんなことはありません。
確かに冬は海水浴はできませんが、冬といっても20度くらいはあります。
ですので、綺麗な海のロケーションを楽しむことはできます。

ある意味冬の沖縄こそが、沖縄本来の風景を楽しむことができるといってもいいかもしれません。
沖縄の人は基本的に海には入りません。
真夏に沖縄の海で盛り上がっているのはほぼ本土の人間です。

沖縄の観光は海だけでなく、世界遺産の古代の祭祀場である斎場御嶽、日本最大の水族館である美ら海水族館、戦争の記憶を伝えるひめゆりの塔、自然の神秘を楽しめるガンガラーの谷、首里城など見所はたくさんあります。

もちろん船や航空機で近くの島に渡って散策するのもいいでしょう。
リゾートホテルもオフシーズンということで空いているので、充実したおもてなしを受けることができるでしょう。

航空券やホテル代が安い


冬の沖縄はオフシーズンです。
10月から2月は航空券もホテルも非常に安く取ることができます。
夏の2/3程度の価格で旅行を楽しむことができます。

年末は少しだけ上がりますが、それでも本州に比べれば旅行がしやすいといえます。

沖縄本島のホテルは年末年始・土日祝日が絡むと混雑していますが、平日であればホテル、航空券ともに抑えやすいので割と日程が近くなってからの旅行の計画でもなんとかなる場合があります。

年末年始も本土に比べると宿泊料金がそこまで上がりません。
本土の温泉地のホテルなどだとハイシーズンということで通常の時期の2~3倍の宿泊費を取るのは普通ですが、沖縄は全体的にはそこまで高騰はしないです。

特に離島の宿泊費の安さには驚きます。年末年始の影響はほぼありません。
お正月をひたすらのんびり島で過ごすというのもいいかもしれません。

暑すぎず過ごしやすい気温


冬の沖縄は20度前後の気温なので、シャツ+何か羽織るものを持っていけば十分事足ります。
つまり荷物が少なくて済みます。
本州に帰ってくるとだいぶ気温が違いますから、行き帰りに注意する必要はありますがかなり快適に過ごすことができます。

また、冬なら高齢者が沖縄を楽しむのに最適です。
真夏に行くのは体調を崩すのが心配な方も多いでしょうから、家族旅行などで高齢者がメンバーにいる場合には、冬の沖縄を積極的に検討してみてください。

台風が来ない

沖縄は台風の通り道です。
家のつくりなどをみるとしっかりした石垣が組まれていますが、台風の被害を防ぐ目的があります。

そして夏から秋にかけては天候が崩れることが多く、飛行機が欠航したり滞在中ずっと雨だったというようなことがあり得ます。
真夏に沖縄に行く方は外で海で遊ぶことを目的に行く方が多いでしょうから、これは非常に残念です。

しかし沖縄は11月を過ぎると台風の心配がなくなり、天気も比較的安定していますから、現地でホテルに缶詰という可能性は低いです。
つまり、観光をするのに最も適した季節なのです。

他の本土の観光地は寒い

冬の時期に20度前後の気温なのは沖縄周辺の南洋諸島だけです。

例えば東京の伊豆大島や八丈島などはもう少し涼しいです。
もちろん本土の他のエリアはどこも10度以下、場所によっては氷点下ですので防寒が必要です。
ですので、スキーやスノーボード、ディズニーランドやUSJに行くのでもなければ基本的にはホテルの温泉に入ってゆっくり過ごすような旅行が多くなります。

もちろん素敵な旅行なのですが、子供にとっては退屈かもしれません。
ですので、外を観光して回るのにぴったりな気候の冬の沖縄は子連れの家族旅行にも最適です。

雰囲気が落ち着いている


まず人が夏に比べて少ないので落ち着いて旅行をすることができます。
沖縄といえば若者の旅行地というイメージがあるかもしれませんが、冬の沖縄に関しては大人の観光地としての楽しみ方も可能です。

海沿いの道も空いてますし、レンタカーを借りてシーサイドをドライブするのにもぴったりの時期です。
流石に那覇市街は観光客はそれなりに多いですが、混雑しているというほどでもないので人混みにうんざりしたり、食事をするのにどこも待たされたりということはないでしょう。

プロ野球のキャンプ地

沖縄はプロ野球のキャンプ地のメッカです。
2月に入ると各球団が沖縄全土でシーズンに向けてトレーニングを開始します。

那覇の沖縄セルラースタジアムを始め、野球選手、報道記者たちでキャンプ地周辺は賑わいます。
選手たちのサインをもらえたりと触れ合うチャンスもあるので、プロ野球ファンも多数訪れます。
2月といえば沖縄はもう春なので本土とはだいぶ雰囲気が違います。

冬はゴルフのメッカ

沖縄は冬のゴルフのメッカとしても有名です。
この時期本土のゴルフ場は雪が積もっているとラウンドできませんし、寒さが厳しいためゴルフ場はそこまで賑わいません。

しかし沖縄は暖かいため、冬は沖縄にゴルフ目的で訪れる人が多数です。
ですので、ゴルフ場に関しては冬の方が利用料が上がります。
ゴルフ場周辺のホテルの価格なども上がる場合があるようです。

暖かい冬の沖縄でゴルフを楽しむというのは、国内の冬の旅行として最も贅沢な楽しみ方の一つでしょう。

一月から花見ができる


沖縄では一月に桜が咲きます。寒緋桜といってピンク色の華やかな花を咲かせます。
一月下旬から沖縄県各地で桜祭りが開催され、日本で一番早く花見を楽しめる県です。
ライトアップされたりイベントも同時に開催されたり非常に賑やかです。
沖縄の地元の人々の年中行事としても定着しているので、観光客向けじゃない沖縄の盛り上がりを楽しむことができます。

まとめ:冬の沖縄は予算を抑えてじっくり楽しむ

冬の沖縄は航空券宿泊費が安く、人が少なく、過ごしやすい気候なので、じっくり楽しむには最適な時期です。
少し早めの冬休みをとって1週間くらいかけて楽しんでみるのもいいかもしれません。
リゾート以外の沖縄の観光地や本島北部のやんばるエリアのジオパークを楽しむのもいいでしょう。

また沖縄の冬の旬な食材といえば車海老!一般的に沖縄は海産物があまり美味しくないと言われることが多いですが、旬のものはやはり美味しいです。

沖縄そばやサーターアンダギー以外にも様々な食文化がありますので、じっくり滞在して様々な食の冒険をするのもいいでしょう。
タコライスやステーキはもちろん、ヤギ汁やウミヘビに挑戦するチャンスもあるかもしれません。

そして、あまり知られていませんが沖縄にも天然温泉を楽しむことができる施設があります。
水着で海にはいれない代わりに、温泉に浸かりながらビーチの絶景を楽しむことができるのです。
本土とはまた違う温泉の楽しみ方ができるのも沖縄の魅力です。

ひとり旅にもお勧めできるのが冬の沖縄です。

レンタカーやレンタサイクルなどを利用して、沖縄中を巡ってみるのにものいい時期です。
実は沖縄は、自然や遺跡、戦時施設などむしろ一人でじっくり鑑賞するのに適したスポットの方が多いです。

様々な魅力がある冬の沖縄をぜひ楽しんでください!

沖縄旅行にはハイテクなカメラを持って行こう

せっかくの沖縄旅行での撮影をハイスペックなカメラで撮影しませんか?

エンカラーズでは人気のGoPro(ゴープロ)、防水カメラ、360度カメラなどシーンに合わせた人気のカメラをレンタルできます。

万が一の故障や破損も全ての商品に安心保証がついていますので安心です。
ぜひ素敵な思い出を良いカメラを使って撮影してください。

https://encolors.jp/

GoPro・防水カメラ・360度カメラ・人気カメラを最安レンタル

enColors(エンカラーズ)では旅行やレジャーシーンを彩るカメラを普段のオンラインショッピングのように簡単にレンタルすることができます。

レンタルであれば最新の機種を旅行やイベントの時だけ使えて、レンタル料金も友人と出し合えばさらに安い料金で利用できて旅行代金にあてることもできます。

enColors[レンタル]へ >