GoPro

GoPro HERO7 Silverは買いか?メリットとデメリットを紹介

GoPro HERO7 silver購入のメリットとデメリット

GoProの最新モデルHERO7がリリースされました。

HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。

では、3モデルの中で中位製品としてリリースされた「GoPro HERO7 silver」の魅力とはなんなのでしょうか。

GoPro HERO7 Silverを中心にHERO7 Blackと廉価版としてリリースされたHERO7 Whiteを交えて購入にあたってのメリット、デメリットをご紹介します。

GoPro HERO7 Whiteに関する記事はこちら

GoPro HERO7 White購入のメリットとデメリット
GoPro HERO7 Whiteは買いか?メリットとデメリットを紹介GoProの最新モデルHero7がリリースされました。 HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。 で...
GoPro HERO7がついに発売!期待の新機能と3モデルの違いとは?
こんなにも違った!GoPro HERO7の新機能と3モデルの違いこれまでもアクションカメラのとしてユーザーに新しい撮影体験を提供してきたGoProシリーズですが、同時発売となる3モデルの違いはなんなの...

基本機能はGoPro HERO6を継承

旅行に最適なカメラがGoPro(ゴープロ)である5つの理由
GoPro HERO 7 silverは、最上位モデルであるGoPro HERO7 Blackについている
TimeWarp機能やライブストリーミング、HyperSmoothにスーパーフォトといったGoPro hero7の目玉機能と言えるものが全部ついていません。

スペックとしてはGoPro hero6 Blackをそのまま継承、むしろ機能をさらに削っています。

ですのでGoPro HERO6 Blackを持っている人には購入する意味がないと断言していいでしょう。

また、GoProのオフィシャルサイトで配信されているGoPro HERO7のティーザー動画のような画質、
撮影形式の画像はGoPro HERO7 silverでは撮影できません。

むしろGoPro HERO6 Blackの画像や動画を参考にするべきです。

GoPro HERO 7 slverを購入するメリット

goprohero7silver
機能に制限があるGoPro HERO 7 silverですが購入するメリットはどのような点があるのでしょうか。

どのような方に向いているのかも考えてみます。

メリット

・価格が安い
・画質はWhiteよりは良い
・静止画はWhiteと変わらない
・手ぶれ補正は従来通り
・セルフタイマー機能がついた
・サイズはさらにコンパクトに
・GPS機能は継承
・操作性はより感覚的に

価格が安い

GoPro HERO7 silverはまずHERO7 Blackよりも価格が安いです。

HERO7 Black 53,460円
HERO7 Silver 41,480円
HERO6 Black 49,700円

1万円以上も安くなっています。

そして先代のGoPro HERO6 Blackは49,700円なので、先代の最上位機種を今から買うよりはGoPro HERO7 silverの方が価格的にお得だと言えるでしょう。

ですが、多くの家電量販店ではHERO6 BlackはHERO7 Blackの発売により大幅に安くなっていますので価格面ではメリットはそこまでないと言えます。

画質はWhiteよりは良い

GoPro HERO7 silverは4K動画の撮影が可能です。

しかしFPSがBlackは60、siverが30であるため動画の滑らかさは落ちます。

そして、先代のGoPro HERO6 BlackはFPSが60の4K動画が撮影可能です。

GoPro HERO7 silverは先代よりも動画スペックを落としたモデルとなっています。

静止画はHERO6より劣る

また、静止画に関してですが、GoPro HERO7 silverの解像度は10メガピクセルです。

これに対してGoPro HERO7 Blackは12メガピクセル、GoPro HERO6 Blackも12メガピクセルとなっています。

GoPro HERO7 silverは静止画でも先代よりスペックを落としています。

静止画はWhiteと変わらない

しかし簡易版であるGoPro HERO7 Whiteと比べると動画の画質は優っています。

GoPro HERO7 silverは4K動画の撮影ができますが、Whiteは1080ピクセルの60fps。

高画質動画の撮影にとどまっています。

また静止画に関してはwhiteも10メガピクセルで変わりません。

ですので4K動画の撮影をしたい場合はwhiteよりもGoPro HERO7 silverを購入した方がいいということになります。

手ぶれ補正は従来通り

GoPro HERO7 silverはHERO7 BlackについているHyperSmooth機能はついていません。

ですので、クオリティはGoPro HERO6 Blackの手ブレ補正と同じと考えれば良いでしょう。

最新の機能がないとはいえ、GoPro HERO6 Blackも市場に出ているアクションカメラの中では優秀な手ぶれ補正を備えている方です。

HyperSmoothと比べなければ本来問題ないレベルと言えます。

セルフタイマー機能がついた

GoPro HERO6に存在しなかった機能でBlack、Silver、White全部に共通してついた新しい機能がセルフタイマー機能です。

これで離れたところにGoProを置いての集合写真やアクションなどを撮るのが非常に便利になります。

サイズはさらにコンパクトに

GoPro HERO7 silverは重さもサイズも先代のGoPro HERO6 Blackに比べて小さくなっています。

サイズを小さくするためなのか、GoPro HERO6 BlackやGoPro HERO7 Blackのフロントディスプレイはありません。

GPS機能は継承

GoPro HERO6 BlackでもおなじみだったGPS機能はGoPro HERO7 silverでも継承されています。

BlackはもちろんGPS機能あり、WhiteはGPS機能なしなので、Whiteより優位性があります。

GPS機能があるので自転車やバイク、車、ジョギングなどで通ったルートのロガーとしての役割にも使えます。

後からSNSやブログにアップする際には情報量が多くなるので使い勝手がいい機能です。

操作性はより感覚的に

GoPro HERO7 silverを操作するためにはカメラの背面ディスプレイをタッチして操作します。

これ自体はGoPro HERO6 Blackと同じですが、より感覚的な操作が可能になっており、よく使うメニュー等が前面に出たりと進化しています。

この背面ディスプレイはGoPro HERO7全モデル共通です。

GoPro HERO7 silverを購入するデメリット

GoPro HERO7 silverは革新性という面ではあまり期待できないスペックです。

購入する上で念頭におくべきデメリットを考えていきます。

デメリット

・画質がGoPro hero6 Blackよりも下がっている
・目玉機能が使えない
・ライブストリーミングも使えない
・音声起動が使えない
・これまでリリースされた純正ハウジングが使えない

画質がGoPro hero6 Blackよりも下がっている

先代のGoPro HERO6 Blackよりも画質のスペックが落ちています。

その分値段も下がっているのでOKという考え方もありますが、なんとか進化していて欲しかったというのが正直なところです。

whiteよりは動画の画質がかろうじて優っていますが、4KとはいえFPSの数値はwhiteの方が上なのでこれを上位といっていいのかどうか難しいところです。

目玉機能が使えない

GoPro HERO7 blackに搭載している機能は今回の新製品の目玉といってよく、GoProの紹介動画でも必ず組み込まれています。

HyperSmoothはオフロードを自転車で走ってもほとんどブレない画期的な能力の手ぶれ補正です。

タイムラプス撮影の進化版であるTimeWarpは非常に滑らかな動きと浮遊感が独特で、タイムラプス動画という新しいジャンルを切り開きました。

スーパーフォトは撮影の状況に応じて、画像の仕上がりが鮮やかになるように自動調整をしてくれる優れた撮影機能です。

しかし、その目玉機能の3つはGoPro HERO7 silver、whiteには搭載されておりません。

公式紹介動画が気になってGoPro HERO7を検討している方は必然的にBlackしか選択肢に残らないでしょう。

GoPro HERO7がついに発売!期待の新機能と3モデルの違いとは?
こんなにも違った!GoPro HERO7の新機能と3モデルの違いこれまでもアクションカメラのとしてユーザーに新しい撮影体験を提供してきたGoProシリーズですが、同時発売となる3モデルの違いはなんなの...

ライブストリーミングも使えない

もう一つGoPro HERO7から新搭載の機能にライブストリーミングがあります。

これは、GoProをスマホのアプリと連動させることでリアルタイムでFacebook liveやツイキャスなどで配信することができる機能です。

他のカメラとは違う臨場感あふれる画像を撮影できるGoProにぴったりの機能ですが、これもGoPro HERO7 Blackにのみ搭載。

silverとwhiteでは使用できません。

音声起動が使えない

GoProシリーズは音声コントロールはどの機種も共通して行うことができます。

しかし、音声で起動をすることはこれまでできませんでした。

GoPro HERO7 Blackは音声で電源のon/offを行うことができる画期的なアクションカメラです。

しかし、これもやはりsilverとwhiteにはついていません。

これまでリリースされた純正ハウジングが使えない

歴代のGoProをダイビング撮影用に使用してきたユーザーにとっては、これも大きな問題です。

GoPro HERO7 silverとwhiteはこれまで水中撮影用にリリースされてきたハウジングと形が異なります。

ですので、ハウジングを使って水中撮影することができません。

厳密には装着はできなくはないのですが、ケラレといって四隅が暗くなってしまいます。 

ですので、クオリティの高い画像を水中で撮影したい場合は、GoPro自体の防水スペックである水深10mまでの撮影しかできないということになります。

水深10mだとダイビングの使用には使えない可能性があります。

GoPro HERO7 silverの購入ターゲットは?

goprohero7フロント液晶
ここまでお読みになって感じられた方もいるでしょうが、どちらかというとデメリットの方がインパクトのある内容になってしまいました。

というより、GoPro HERO7 Blackの機能が凄すぎるといった方がいいかもしれません。

GoPro HERO 7 silverはもともとGoPro HERO6 Blackの購入を検討しており、HERO7がリリースされた後もその方針が変わってない方がメインターゲットでしょう。

GoPro HERO6 blackよりGoPro HERO7 silverの方が安いのでTimeWarpやSuperSmoothに興味がない方はむしろ得をした感覚になるかもしれません。

GPS機能もついているのでほとんどGoPro HERO6 Blackと同じ使い方ができるのが最大の魅力です。

ただ、HERO6 Blackよりも画質が下がるのを許容できるかどうかが鍵になります。

GoPro HERO7 silverはGoPro HERO6 Blackの価格改定バージョンと考えるのが妥当でしょう。

HERO6以前のモデル購入を検討している方はHERO7 Silverの購入を考えてもいいと思います!

GoPro HERO7シリーズをレンタルで試す

1泊の短期間から長期間まで安心の保証付きでGoPro HERO7 Silver,White,Blackがレンタルできます。

本体のみのレンタルも、初めての方向けのセットもレンタルできます。

購入する前に一度試してみるのもおすすめです。

レンタル/GoPro(ゴープロ)一覧|enColors[レンタル]

HERO7に関連する記事はこちら

GoPro HERO7 White購入のメリットとデメリット
GoPro HERO7 Whiteは買いか?メリットとデメリットを紹介GoProの最新モデルHero7がリリースされました。 HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。 で...
GoPro HERO7がついに発売!期待の新機能と3モデルの違いとは?
こんなにも違った!GoPro HERO7の新機能と3モデルの違いこれまでもアクションカメラのとしてユーザーに新しい撮影体験を提供してきたGoProシリーズですが、同時発売となる3モデルの違いはなんなの...