GoPro

GoPro HERO7 Whiteは買いか?メリットとデメリットを紹介

GoPro HERO7 White購入のメリットとデメリット

GoProの最新モデルHero7がリリースされました。

HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。

では3モデルの中で廉価版としてリリースされた「GoPro HERO7 White」の魅力とはなんなのでしょうか。

GoPro HERO7 Whiteを中心にHERO7 Blackと中位製品としてリリースされたHERO7 Silverを交えて購入にあたってのメリット、デメリットをご紹介します。

GoPro HERO7 Silverに関する記事はこちら

GoPro HERO7 silver購入のメリットとデメリット
GoPro HERO7 Silverは買いか?メリットとデメリットを紹介GoProの最新モデルHERO7がリリースされました。 HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。 で...

GoPro HERO7 Blackの下位互換モデル

goprohero7black

GoPro HERO7 Whiteは、手軽にGoProのクオリティを体験できるアクションカメラです。

初心者でも購入しやすい価格が最大の目玉なので、機能面移管してはかなり削ぎ落としています。

最上位モデルであるBlackについているTimeWarp機能やライブストリーミング、HyperSmoothにスーパーフォトのような最新のテクノロジーは導入されていません。

HERO7 Blackの目玉機能は非搭載

HERO5 Blackがあれば購入する必要はない!?

スペックとしては仙代のGoPro HERO6 Blackを一部グレードダウンしています。

GoPro HERO6 Blackを持っている人は特別購入する必要がないかもしれませんが、安いというメリットがあるので予備機としての購入はありでしょう。

正直これの一つ上のモデルであるGoPro HERO7 Silverよりは購入するメリットが感じやすいです。

GoPro Hero7 Whiteを購入するメリット

goprohero7white

廉価版モデルであるGoPro HERO 7 Whiteを購入するメリットは何でしょうか。

徹底して機能を削ぎ落としたコンセプトが吉と出た感じがあります。

メリット

・価格が安い
・滑らかさではWhiteが上
・Silverと静止画は同じ
・手ぶれ補正は従来通り
・セルフタイマー機能がついた
・サイズはさらにコンパクトに
・操作性はより感覚的に

価格が安い

GoPro HERO7 WhiteはこれまでリリースされたGoProシリーズの中でかなり安い部類の製品となります。

最新モデルのHERO7でいうと

Black 53,460円
Silver 41,480円
White 31,860円

Blackと比べると2万円以上も安くなっています。

先代のGoPro HERO6 Blackは49,700円なので、先代の最上位機種と比べても2万円近く安くなっています。

スペック的に納得できればGoPro HERO7 silverはかなりお得です。

画質はSilverと変わらないどころか勝っている点も

GoPro HERO7 Whiteは4K動画の撮影ができません。

これはHERO6 Blackも含めて最近のGoProシリーズの中では唯一です。

動画のサイズを求める方には気になるポイントです。

滑らかさではWhiteが上

FPSを見るとGoPro HERO7 Silverが30、whiteが60。

FPSは大きいほど動画が滑らかに再生されるため、サイズを気にしなければGoPro HERO7 Whiteの方がSilverよりハイクオリティということになります。

ですので必ずしもWhiteが劣っているとは言えません。

用途次第ということになります。

Silverと静止画は同じ

静止画に関して、GoPro HERO7 BlackとGoPro HERO6 Blackの解像度は12メガピクセルです。

これに対してGoPro HERO7 White、Silverは10メガピクセルとなっています。

注意版のSilverとWhiteを比べた時に正直そこまで画質に関して大きな差異はないと言えます。

ポイントはWhiteで4Kが撮れないことをどう捉えるかです。

4Kの重要度が高い人はWhiteはニーズに合わないでしょう。

HERO7 Whiteは4K撮影未対応

手ぶれ補正は従来通り

GoPro HERO7 WhiteはSilverと同様に、BlackについているHyperSmooth機能はついていません。

GoPro HERO6 Blackの手ブレ補正をそのまま引き継いでいます。

先代のGoPro HERO6 Blackよりも2万円近く安いことを考えれば十分許容範囲と言っていいのではないでしょうか。

セルフタイマー機能がついた

セルフタイマー機能はGoPro HERO7シリーズに新しくついた機能です。

Black、Silver、White全てに搭載されています。自撮りや集合写真などの際の撮影方法の選択肢が広がりました。

サイズはさらにコンパクトに

GoPro HERO7 WhiteはSilverと完全に同じサイズです。

先代のGoPro HERO6 Blackにあったフロントディズプレイがなくなったのが小型化の要因のようです。

操作性はより感覚的に

GoPro HERO7全モデル共通の背面ディスプレイはWhiteも同じ仕様です。

タッチパネル型で感覚的な操作が可能になています。

頻繁に使用するメニューは前面に出たり、GoPro HERO6 Blackよりも操作性が進化しています。

GoPro HERO7 Whiteを購入するデメリット

GoPro HERO7 Whiteは撮影という機能に絞って安価を実現しているので、必要最低限のスペックになっています。

ですので目新しさはありません。

デメリット

・画質がGoPro HERO6 Blackよりも落ちた
・目玉機能はこの価格だと搭載できない
・ライブストリーミング配信ができない
・音声起動が使えない
・これまでリリースされた純正ハウジングが使えない

画質がGoPro HERO6 Blackよりも落ちた

先代のGoPro HERO6 Blackよりも画質のスペックが落ちました。

動画4K→1080p、静止画12メガピクセル→10メガピクセル。

これは価格がかなり下がっているので仕方ないかもしれません。

はっきり、くっきりというところでいうと比べた時にやはり劣ってしまいます。

目玉機能はこの価格だと搭載できない

GoPro HERO7の公式サイトで流れているティーザー動画を見るとHyperSmooth機能によって手ブレが全くないジェットコースターでの撮影。

魔法のじゅうたんに乗っているような不思議な感覚が魅力のTimeWarp機能。

自動で最適な撮影設定を検出設定してくれるスーパーフォトなど魅力的な新機能がたくさん紹介されています。

しかし、これらを使えるのはGoPro HERO7 Blackだけです。

GoPro HERO7 WhiteはHERO6の撮影機能をそのまま使用すると考えなくてはなりません。

TimeWarpは使えないのでタイムラプスで我慢しなければいけません。

価格をとるか、魅力的な新機能を取るかというところで悩みどころです。

GoPro HERO7がついに発売!期待の新機能と3モデルの違いとは?
こんなにも違った!GoPro HERO7の新機能と3モデルの違いこれまでもアクションカメラのとしてユーザーに新しい撮影体験を提供してきたGoProシリーズですが、同時発売となる3モデルの違いはなんなの...

ライブストリーミング配信ができない

また、TimeWarpやSuperSmooth機能が搭載されたことで、SNS上でのライブストリーミング配信がさらに魅力的になりました。

しかし、それらの新機能が搭載されていないWhiteはライブストリーミング機能も搭載されていません。

これはGoPro HERO6 Blackにも搭載されていなかった機能です。

音声起動が使えない

音声コントロールができるのがGoProの便利な点です。

アクティビティ中で両手を使えない状況でも声で操作をすることができるので、アクションカメラの能力を最大限生かすことができます。

GoPro HERO7 Blackでは従来の音声コントロールに加えて音声での電源オン/オフまで可能になりました。

しかし残念ながらこの機能もWhiteには搭載されていません。

これまでリリースされた純正ハウジングが使えない

ダイブハウジング

GoProで水中撮影する際は10mまでの防水機能がありますのでそのまま使用することができます。

それ以上は専用のハウジングを使用することで60mまで対応水圧が増えますが、従来の防水ハウジングはGoPro HERO7 Whiteには非対応です。

正確には装着は可能ですが、サイズが微妙に違うため四隅にケラレと言われる影が写り込んでしまいます。

これではせっかくのGoProの能力が台無しです。

ダイビングでは使えないと考えるべき

ダイビングの際など水深10mは超える可能性が高いので海で使用するのはリスキーかもしれません。

川やプールなどでは問題ないはずですので、あくまで積極的に水に濡らしても大丈夫という認識にとどめておくのがいいでしょう。

あと何m使えるかビクビクするような環境だとおすすめできません。

GPS機能は削除

GoPro HERO7シリーズの中では唯一GPS機能が使えません。

GoPro HERO6 Blackについていた機能を削ぎ落としたということになります。

GPS機能がないので動画や写真を撮影すると同時に移動のログも残したいという人は選べません。

単純に画像を撮影するだけの機能に絞って価格を下げたということでしょう。

GoPro Hero7 Whiteの購入ターゲットは?

goprohero7フロント液晶

GoPro HERO7 Whiteの最大の魅力はとにかく安いこと。

ここに関しては徹底しており、そのために機能もグレードを下げていると言っていいでしょう。

しかし、グレードを下げていると言っても、それはGoPro HERO7 Blackと比べての話です。

値段は2万円近くも安くなっている割にGoPro HERO6 Blackからの機能削除はそこまで致命的なものはありません。

4K撮影ができない点やGPS機能がない点が気になるところではありますが、

ライトユーザーだったり、ブログへの画像投稿メインの使い方をする方であれば、意外にデメリットがないのかもしれません。

GoPro以外のアクションカメラと比較するとやはり優秀であることは間違い無いでしょう。

初めてアクションカメラを購入する層には大変おすすめしやすいモデルです。

GoProを安く買うためのポイントとオススメ購入場所8選
GoProを安く買うためのポイントとオススメ購入場所8選!GoProは高機能なアクションカメラとして大人気ですが、アクションカメラの中ではもっとも高い価格帯の製品です。 しかし、その機能は...

GoPro HERO7シリーズをレンタルで試す

1泊の短期間から長期間まで安心の保証付きでGoPro HERO7 White,Silver,Blackがレンタルできます。

本体のみのレンタルも、初めての方向けのセットもレンタルできます。

購入する前に一度試してみるのもおすすめです。

HERO7に関連する記事はこちら

GoPro HERO7 silver購入のメリットとデメリット
GoPro HERO7 Silverは買いか?メリットとデメリットを紹介GoProの最新モデルHERO7がリリースされました。 HERO7 Blackにはかなり魅力的な新機能が搭載されました。 で...
GoPro HERO7がついに発売!期待の新機能と3モデルの違いとは?
こんなにも違った!GoPro HERO7の新機能と3モデルの違いこれまでもアクションカメラのとしてユーザーに新しい撮影体験を提供してきたGoProシリーズですが、同時発売となる3モデルの違いはなんなの...
旅行に”いい”カメラを持っていこう


せっかくの旅行、ハイスペックなカメラで旅の思い出を残しませんか?
買うには高い。でも、レンタルなら安くで”いい”カメラを使えます。

海に防水デジタルカメラ、観光にはGoPro(ゴープロ)、お祝い事にはチェキ、目的別にレンタルができます!

レンタルページへ