海外旅行

はじめての海外ひとり旅の注意点とおすすめの国!

はじめての海外ひとり旅の注意点とおすすめの国!

海外にひとり旅は勇気がいります。

言語だったり習慣だったりに不安はありますが、自分で工夫して乗り切った時の達成感は大きいですし、何より海外を一人で旅行できると人生の幅がぐっと広がります。

安全には十分に留意して、ちょっと思い切って海外に一人で出かけてみましょう。

海外ひとり旅の注意点

海外で気をつけないといけないのは1にも2にも治安です。
日本は街中でも公共交通機関でも世界の標準から比べると安全すぎるので、同じ感覚で海外旅行すると盗難等の被害に遭う可能性は非常に高いです。

国内にいる時よりも気を引き締めて行動する必要があります。

海外旅行保険に入る

トラブルに巻き込まれないように注意をしていても、盗難や事故などであってしまうのが旅行です。

万が一の時のために海外旅行保険には必ず入っておきましょう。

クレジットカードで海外旅行保険がついているものもありますが、あくまで簡易的なもの。
海外旅行保険に入っていなかったがため、現地の病院で治療して帰国後に数百万円の請求が届いたというケースもよく聞きます。

また現金や物品を紛失・盗難にあった際も保証がききますので、安心のためには必須です。

クレジットカードを準備

日本は世界の中でも電子決済が最も遅れている国です。

欧州は特に電子マネーやクレジットカード決済しか使えないお店があったり、場合によってはクレジットカードを身分証がわりに使用することもあります。

クレジットカードがないとかなり行動に制限がされますし、万が一何かトラブルがあり早急に現金を引き出さないといけない際に日本の銀行のカードでは役に立ちません。

できれば使用せずに済ませたいですが、海外キャッシングも可能なクレジットカードは持っておくと安心です。

出歩くとき用の小さなバッグを準備

大きい旅行用のバッグでの海外での出歩きは荷物がかさみますし、旅行客だとわかってしまうためスリやひったくり、ぼったくりに狙われやすくなります。

ポーチや小さい肩掛けバッグのようなものを用意して出かけるのがいいでしょう。

ハンドバックは狙われやすいので、持ち歩く際は警戒が必要です。
またブランドバッグのような高価なものも避けましょう。

初めてのひとり旅におすすめのアジアの国々

「初めての海外ひとり旅はまず近場のアジアに出かけてみよう」
という方は多いです。
比較的治安も穏やかですし、文化的にも馴染みがあるので無難なエリアではあります。

まずはアジアで慣れてだんだん旅行範囲を広げていくのがオススメです。

台湾


台湾は親日国として有名で日本語が高い確率で通じるため、初めての海外ひとり旅をする先としては最も難易度が低いです。

美味しい台湾料理やスイーツを屋台でひたすら食いまくる食いだおれひとり旅もいいでしょう。

ジブリ映画「千と千尋の神隠し」のモデルになった九份や温泉施設がたくさんある北投温泉など、日本人が楽しめるスポットもたくさん。
もちろん文化的には中華文化圏なので異国情緒はたっぷりです。

香港


香港は中国に返還されてからも、やはり本土とはまだ違う自由な空気を保っています。
香港では様々な中華文化圏の料理を楽しむことができ、香港料理はもちろん飲茶、上海料理、広東料理などあらゆる食が混じりあっています。

屋台から高級ホテルまでそれぞれの楽しみ方が可能です。
またヴィクトリアピークから見える夜景は、元祖「100万ドルの夜景」として有名です。
世界で最も安全な街としても知られています。

タイ


東南アジアで最も親日であるタイも日本人が旅行しやすい国です。
アユタヤは15世紀に日本人の武将山田長政が重臣を務めていたアユタヤ王朝の首都であり、日本人観光客があふれています。

他にも国内あらゆるところに仏教系の世界遺産があり、南部に行けばパタヤやプーケットのビーチリゾートも人気です。
バンコクなど大都市の夜も非常にエキサイティングです。本場のタイ料理もたっぷり味わえます。

GoPro(ゴープロ)旅行!女子旅の定番タイ・バンコクへ
GoPro(ゴープロ)旅行!女子旅の定番タイ・バンコクへ女子旅の定番といえばタイ・バンコク! フォトジェニックな街並み、美味しいタイ料理、ナイトマーケットと見所満載のバンコク。 そ...

シンガポール


東南アジアで最も清潔な国です。
他のアジアの国々とは違い、ショッピングやホテルでのティーや食事を楽しむのに適しています。

アジア感ある街並みを観光することにあまり興味がない人でも、シンガポールなら抵抗感少なく楽しみやすいはずです。

食事も中華や欧米風など選択肢があるので、無理にエスニック料理を食べる必要もありません。

GoPro旅行!シンガポールのおすすめ観光スポットへ
GoPro旅行!シンガポールのおすすめ観光スポットへ世界中から多くの人が観光に訪れる、人気の国シンガポール。 東南アジア随一の最先端の国、シンガポール。 日本からは約6時間のフ...

初めてのひとり旅におすすめのオセアニアの国々

南国リゾートに代表されるオセアニア。

仕事に疲れた体と心をのんびり休めたい

と向かう方も多いのではないでしょうか。

全方位で観光客に対応しているので、旅行のハードルは低いとは言えますが、英語圏ではあるので欧米旅行の前哨戦としてもありかもしれません。

ハワイ


日本人にとっての憧れのリゾートの筆頭であるハワイ。

日本語が通じるホテルや飲食店は多いですし、一人でも十分楽しむことができます。

スカイダイビングやシュノーケリング、キラウエア火山ツアーなどのたくさんのアクティビティが一人参加を受け入れています。

どこの国でもそうですが、夜遅くに女性が一人でウロウロするのはやめたほうがいいでしょう。
昼間はそれなりに安全ですが、夜は治安はいいとは言えません。

グアム・サイパン


ビーチリゾートの本場と言うべきグアム・サイパンは観光するところはあまりないので、とにかくビーチでゆっくり過ごしたい場合にオススメです。

カクテルを片手にビーチでゆったりし、時にはシュノーケリングで魚達と戯れる。
ホテルやレストランで美味しいステーキやシーフードをお腹いっぱい食べる。

日頃の喧騒から離れて贅沢な時間を過ごすのにぴったりです。

オーストラリア


オーストラリアはバックパッカーもたくさんおりひとり旅の定番の国の一つです。

ケアンズ・ゴールドコースト・エアーズロックのような世界遺産やオーストラリア大陸にしかいない動物との遭遇を楽しむことができます。

雄大な自然の中でのアクティビティを楽しむのなら、オーストラリアは日本から最も近い国です。

基本的に親日ですが田舎町の繁華街などではアジア人差別が根強いところもあるので、エリアによっては注意が必要です。

ニュージーランド


ニュージーランドもオーストラリアと同じく自然がいっぱいのおすすめひとり旅の国です。
マウントクックやテカポ湖など日本では見ることができない迫力があり美しい光景を体験することができます。

基本的に国全体が田舎の雰囲気なのでのんびりしており、混雑している場所が少ないためマイペースな旅行を楽しめるのが魅力です。
日本人の旅行客も多いですが、全体的に欧米人が多いので英語ができたほうが過ごしやすいです。

初めてのひとり旅におすすめのヨーロッパの国々

さてヨーロッパ旅行に憧れる方も多いでしょう。
基本的には英語が話せないと苦労する可能性が高いです。

また、ヨーロッパ圏は食事、特に夕食を一人で外食するという習慣がないため、日本の感覚と同じように飲食店に一人で入ると奇異な目で見られます。
現地の言葉を話せたり、言葉に頼らなくてもなんとかなるコミュニケーション強者はなんとかなるでしょうが、そうでない人にとってはなかなかハードルが高そうです。

最初は一人でも参加できるツアーに申し込む等が無難です。

フランス


英語は通じない場合もあります。
フランス語で挨拶くらいはできないと、あからさまに対応が悪くなる場合があるので基本的なフレーズくらいは覚えておいたほうがいいでしょう。

エッフェル塔、モンサンミッシェルなど魅力的な観光名所が多数あり、パリの街の雰囲気を味わうのは多くの日本人の憧れです。

パリはスリが世界一多い街でもあるので貴重品は肌身離さず、万が一すられても大丈夫なように現金やクレカの一部はホテルの金庫に入れて置くのもおすすめです。

ドイツ

ヨーロッパの中で日本人に最もオススメなひとり旅の国がドイツです。
治安も良く比較的親日で、公共交通機関も時間に正確と、日本人がストレスを感じづらいのが魅力です。

ブンデスリーガに日本人サッカー選手も多く在籍しています。
ノイシュヴァンシュタイン城やケルン大聖堂など観光の見所もいっぱいです。

ひとり旅におすすめの北米の国々

アメリカ合衆国は海外ひとり旅をする際に絶対候補に入る国の一つです。
またカナダも留学先として人気があり日本人の若者が向かう外国としては定番となっています。

アメリカ

ニューヨーク・サンフランシスコ・シカゴ・ロサンゼルスのような大都市、グランドキャニオン・デスバレーのような大自然…。

アメリカ合衆国は同じ国の中でも様々な顔があり、ひとり旅でできる体験の幅は非常に広いです。

都市によって異なる魅力を堪能することができ、世界最先端のカルチャーに触れることができます。

治安はいいとはいえませんので危険と言われているエリアには絶対に一人で行かないことを徹底する必要があります。

カナダ

カナダはアメリカに比べると治安が良く、旅行客も過ごしやすい国と言われています。
英語も通じますがフランス語文化圏でもあるので、場所によってはコミュニケーションに苦労するかもしれません。

イエローナイフのような極寒の大自然やフランス植民地時代の古い町並みなど見所もたくさんあります。

初めてのひとり旅にあまりオススメできないエリア

初めてのひとり旅の場合にはアジア、オセアニア、西欧、北欧、北米以外は避けたほうが無難です。

まず東欧は治安が悪かったりアジア人への差別が強い国があり言葉も通じにくいです。

中東はイスラム教にどれだけ厳格かによりますが、トルコやUAE、イスラエル以外は難易度が高めと考えたほうがいいでしょう。

アフリカはモロッコやチュニジア、エジプトあたりなら検討しなくも無いですが、やはり治安に不安があるので最初のひとり旅では無理しないほうがいいです。
中南米は危険度が高く、海外旅行の経験がないと危険察知する能力もないのでやめておきましょう。

初めてのひとり旅を安全に楽しい思い出に!

初めてのひとり旅に選ぶ国はできるだけ自分にとって馴染みのある、親しみやすく感じる国を選ぶのがいいでしょう。

多くの人にとってはアジア圏になるはずです。
仮にヨーロッパやアメリカを初めてのひとり旅で選ぶ場合は、事前の準備と下調べをしっかりしておく必要があります。