アイテム情報

ドローンとラジコンの違いとは?ラジコンよりもドローンがおすすめ

「ドローンって要はラジコンのことでしょ?」

とお考えの方も多いかもしれません。

確かにそうなのですが明確な違いがあります。

今回はドローンの特徴についてご紹介します。

ラジコンは商標名

実はラジコンは製品名ではなく商標名です。

ラジオコントロールの略で、無線を使って操作する「おもちゃとその他の区分」において増田屋コーポレーションが商標登録しています。

同社は幼児用玩具やビンテージ玩具が有名です。

ですので、商品名としてラジコンと名乗っていいのは増田屋コーポレーションの製品だけです。

仮に増田屋コーポレーションがドローンを発売したらラジコンドローンのような製品名になるのかもしれません。

同社が発売している最新のラジコンは潜水艦タイプで浴槽の中で遊ぶことができます。

ドローンは自律飛行が可能

一般的に言うところの「ラジコン」の大きな定義としては無人で動くと言うところです。

車両タイプのラジコンの場合は簡単に安定した操作を遠隔で行うことができます。

しかし、飛行タイプの場合はどうでしょう?

実際古くからあるヘリコプタータイプや飛行機タイプのラジコンは安定した飛行を行うには熟練した操作が必要ですし、風などの天候環境にも影響されます。

これに対して最近現れたドローンと呼ばれるタイプの製品は、無人で動くところは従来のラジコンと変わりませんが、自律飛行性能が優れているところが特徴です。

従来のラジコンは飛行している間、緻密な操作が必要で一瞬たりとも気が抜けません。

操作を誤るとすぐに落ちてしまいます。

重量があったりデリケートな作りをしている場合が多いので、不用意な落下は即破損につながります。

ドローンの操作は簡単!?

しかしドローンは自律飛行に優れているので、ある程度放っておいても問題ありません。

どこを飛んでいるかは見る必要がありますが、Wi-Fiが通じる範囲であれば安定した飛行を自動でしてくれます。

ドローンは飛行にあたっては飛ぶ位置を操作するだけで、他のテクニカルな操作はほとんど必要ありません。

そもそも勝手に空中に浮上してくれるとで飛ばすだけなら誰でもできます。

従来のラジコンの場合はまず飛ばすまでが一苦労と言うケースもあったので、ずいぶん手軽になりました。

これにはドローンの形状が関係しています。

機体の形状は?

一般的によく見るドローンはプロペラが機体の4箇所に設置されているものが多いです。

これによってバランスをとって藤王状態を保つことができるのです。

つまり4枚のプロペラが回転さえ続けてくれれば、勝手に浮かんで切れると言うことになります。
これが自律飛行です。

ヘリコプタータイプ

一方、普通のヘリコプタータイプの場合はどうでしょう。

一般的によく見るヘリコプターは大きなプロペラが一つと尾翼部分に小さなプロペラがついているタイプが多いでしょう。

オスプレイでも大きなプロペラは2つに留まっています。

このタイプだと大きなプロペラの回転が止まった瞬間に墜落しますし、尾翼のプロペラがうまく作動しないと期待のバランスが取れずこれも墜落につながります。

もちろんドローンでも4つのプロペラのどれか一つが正常に動かなくなれば墜落してしまいます。

しかし通常のヘリコプターよりは一つの箇所に負担がかからず、機体もかなり軽いため故障の可能性も低いのです。

万が一墜落しても軽量な機体であれば故障はせずに済む場合が多いでしょう。

操作はどちらが簡単?

操作性は圧倒的にドローンの方が簡単です。

初心者向けのドローンであれば機体を浮上させるのにワンタッチで可能なものもあります。

軽量な機体の場合飛行時のコントロールがやや難しい場合がありますが、それはあくまで室内の場合。

風が吹いていない野外であれば壁や障害物にぶつかる危険性がないので気にせず飛ばすことができます。

ドローン

ドローンの操作で気をつける点としてはWi-Fiの範囲外に飛んでしまわないこと。

遠くまで飛ばすことが可能なので気がついたら範囲を外れて落下、しかも下は水や拾いに行けない敷地と言うのが一番怖いです。

しかしこれも操作可能エリアギリギリになるとアラートがなってくれたり、ワンタッチで手元に戻ってきてくれる機能がついているものを選べば安心です。

ラジコン

これに対して従来型のラジコンの場合は離陸させるのに一苦労、飛行を安定させるのにも相当な練習が必要です。

また、プロペラが障害物にぶつかるのは即墜落を意味するので広い屋外でしか飛ばすことはできません。

また、飛行中も常に気を抜けませんし、あまり飛行範囲も広くないためドローンに比べて味わえる爽快感も少ないでしょう。

ドローンの用途は幅広い

ドローンはただ空を飛ばすだけではなく空撮機能が優れています。

画質に優れたドローンもあり、従来では撮影が難しかった場所に飛ばすこともできるため、撮影用マシンとしてはこれからさらに重用されるでしょう。

日常にいるドローン

また、配達用マシンとしても海外ではすでにピザの宅配で使われると言う珍例もあり、その可能性は幅広いです。

農薬散布に使用されている例もあります。

軍事的にはドローンタイプの無人機はすでに飛んでおり、巨大な無人飛行機が民間用にも導入される日も近そうです。

ドローンなら子供でも簡単に操縦できる

ラジコンヘリの場合価格も非常に高価なものだと子供に操縦させるのは少々度胸が必要です。

破損をさせたらと思うと安易に与えられません。

ドローンには非常に軽量で安価なトイドローンという製品があります。

トイとはいえ構造や仕組みは本格的なドローンと変わらず、野外、屋内での飛行や空撮を楽しむことができます。

軽いため壊れる心配は少なく、飛行中に何かにぶつかってもプロペラガードをつけていれば安心です。

トイドローンであれば2,000〜5,000円程度でも購入できる製品があるので、まずは本格的なドローンを購入する前にこちらで慣れておくのがいいでしょう。

万が一の時のドローン保険

ドローンは操作が簡単で子供でも簡単に扱える反面、トラブルも増えています。

飛行しては行けない場所を飛んだ、落下した際に回収不能になった、落下した際に人にぶつかって怪我をさせたなど、問題も発生しやすいため、自治体や施設では航空法とは別に独自にルールを定めている場合も多いです。

ドローンにおけるトラブルの際に安心なのがドローン保険です。

ドローンの機体が損傷した場合の機体保険、ドローンによって第三者に怪我や物品の破損を引き起こした場合の賠償保険があります。

法人、個人ともにあり特にDJIのドローンを購入した場合は無料で登録できる保険もあるので、ぜひ加入しましょう。

他には民間の保険会社や、ドローン関連の団体が用意している保険があります。

子供がドローンを操縦する場合、好奇心が勝って飛行しては行けない場所を飛んだり、操作を誤って落下して人に怪我をさせる等の危険もあります。

トイドローンのような非常に軽いタイプであればそこまで危険はないかもしれませんが、ステップ青王していき本格的なモデルを購入した際は、ドローン保険は加入しておいたほうが無難です。

特に遊びで空撮をしている際に思わぬところからプライバシー侵害で訴えられるというケースも報告されています。

ドローンはラジコンよりも簡単・安心!

ドローンは無人操縦機としては非常にハードルが低く、誰でも操縦を楽しむことができます。

従来型のラジコンのような専門性が必要なく安価な製品も多いので、空撮にトライしたい方は気軽に購入できます。