アイテム情報

初心者が購入するドローンの選び方!オススメ製品ベスト5は?

初心者が購入するドローンの選び方!オススメ製品ベスト5は?

ドローンで空撮を楽しみたいけど製品は多いし価格帯が広すぎてどれを買ったらわからないという方は多いでしょう。

初心者であれば1万円以下のドローンで操作に慣れるのがおすすめです。

ドローン空撮で気をつけないといけないこと、製品を選ぶポイント、初心者に人気のドローンをご紹介します。

ドローン購入の際に頭に入れておくこと

ドローンは飛行や空撮をするにあたって法律の制限を受ける場合があります。

逮捕されてしまったら知らなかったでは済まないので、購入の際にも自分が行おうとしている遊び方が法律に抵触しないかどうか考慮して製品を選びましょう。

ドローン購入の際に頭に入れておくべきことを紹介します。

ドローンの重さは200g以下か

初心者が選ぶドローンは200g以下のものを選ぶのがおすすめです。

というのも、200gを超えるドローンを飛行させる場合は航空法が適用されるため禁止区域や禁止の撮影方法が存在します。

もし最初から本格的な飛行や空撮をしたくて200gを超えるような高性能ドローンを操作する場合は、飛行場所や用途によっては申請が必要になります。

初心者が操作しやすいのは航空法が適用されない200g以下の製品ですので、あまり最初から無理をしない方がいいでしょう。

ドローンをどこで飛ばすか

200gを超えるドローン

・空港などの周辺空域
・150m以上の高さ空域
・人口集中地区の上空
・夜間飛行
・目視外飛行
・周辺30メートルに人や物件がある環境での飛行
・イベント上空での飛行
・危険物の輸送
・物件落下を伴う飛行

初心者向けの200g以下のドローンは航空法が適用されないので法的にはかなり自由度が高いです。

しかし、法律で禁止されていなくても施設やイベントごとにドローンの飛行や空撮が禁止されている場合は多いです。

ドローンで遊ぶ際にはそこでドローンを飛ばして大丈夫かどうかまず確認をしましょう。

また、国会議事堂のような政府関連施設、軍事施設なども飛行は禁止です。

2015年に発生した首相官邸無人機落下事件はドローンの飛行ルールの整備が進むきっかけになりました。

また後述しますが、飛行高度に制限がないとは言っても操作できる範囲を超えた場合ドローンは落下の危険性があります。

万が一、落下した場合に周囲の人に危険がないか、回収可能な場所かはあらかじめ見極めておく必要があります。

ドローン空撮の際にFPV機能があるか

FPVとはFirst Person Viewの略で、ドローン空撮をしながらカメラの視点をリアルタイムで見ることができる機能です。

FPVがついていれば空撮の楽しさが増します。

逆にこれがついていないとどのような画像を撮影できたかわからないため、具体的に狙いたい映像がある場合に非常に不便です。

予備バッテリーはついているか

ドローンは操作にかなり電力を消費します。

フル充電で飛べるのが10分程度なのに、充電するのに1〜2時間程度はかかってしまうのです。

ですので、購入時にできるだけ電池の持ちがいい製品を選ぶとか、予備バッテリーも準備しておく必要があります。

ドローンは安定して飛行できるか

初心者の方がドローンを挫折するポイントで多いのが、飛行が安定しない点です。

製品によっては必ず地上1mで安定して飛行してくれる機能を備えたものがあります。

離陸がうまくできない方も多いようなのでこういった機能は嬉しいです。

気圧の変化を感じ取り自動で回転数の調整をしてくれたり、GPS機能で操作範囲を外れそうになったらアラートしてくれるような機種もあります。

また、初心者向けの軽量な製品は風に弱いので、なるべく風の弱い日や屋内など、環境の影響の受けない場所を選ぶ等の工夫も必要です。

技適マークはついているか


技適マークは日本国内で認可を受けたドローンに必ずついています。

通常ルートで購入した場合はまず技適マークがついていますが、Amazonで中古購入したものや海外で購入したものの場合はついていない場合があります。

これを国内で飛ばすと罰せられる可能性がありますので必ず技適マークがついているドローンを選ぶようにしましょう。

ドローンの操作の仕組み

ドローンはコントローラーとWiFiで接続して操作をします。

電波を拾う範囲が比較的広いのがWiFiの魅力ですが、実はドローンのWiFiには制限があります。

不用意な操作で危険を引き起こす可能性もあるので仕組みはしっかり理解しましょう。

WiFiでドローンをコントロールする

ドローンとコントローラーをペアリングするためのWiFiは2.4GHz帯です。

これは屋外でのあらゆる電子機器に使われています。

スマホやPC等の通信機器の通信は全て2.4GHz帯で行われているため、電波が飛び交っている場所で使用するとドローンとコントローラーの間の通信が混乱してうまく操作できない場合があるのです。

5GHz帯という高性能なWiFi帯域も存在しますが日本国内だと現状屋内での使用しか法律で認められていません。

ことらは近々解放されるのではないかという予測が飛び交っていますが、まだ具体的には決まっていないようです。

2.4GHz帯のWiFiでドローンを操作するということは、都市部や通信設備の設置された施設の近くを飛ぶ際は注意が必要だということです。

ドローンの操作に失敗して墜落した際に人に怪我をさせるようなことがあってはいけませんし、回収するのが難しい場所に落としてしまうかもしれません。

くれぐれもドローンを飛ばす場所操作する場所の電波状況には注意して、動きがおかしいと思ったらすぐに飛行を止めましょう。

初心者に人気のドローン

それでは初心者に人気のドローンのベスト5をご紹介します。

軽くて安くて楽しいという製品ばかりですので安心して購入してください!

1位:Hubsan X4 HD

メーカー:G-Force
FPV機能はついていないものの、HD動画の撮影ができるトイドローンです。

純粋にドローンを外で飛ばす楽しさを味わうにはぴったりの機種で、機体のデザインがかっこいいのもポイント。

ラジコンやプラモデルにはまった方はきっと気にいるはずです。重量も51gと非常に軽量です。

レビュー

・ラジコン初心者ですが簡単にホバリングできてうれしかったです。最近は会社の休憩時間に同僚と遊ぶくらいはまっています。
・練習用のつもりで買ったが完全にはまってしまった。近々2台目を購入予定です。
・この価格で200万画素のカメラがついているのはすごい。FPVはないが十分遊べる機種。

2位:Holy Stone Toys SHADOW HS160

メーカー:Holy Stone Toys
スマホと連動してFPV機能を使用できるトイドローンです。

初心者でも非常に簡単に操作できる設計になっており、機体のホバリングはワンタッチ、機体はスマホを傾ける等の直感的なコントロールでも操縦可能です。自分にあった操作方法を選ぶことができます。

なんと重さは20g。折りたたみが可能でコンパクトなのでどこでも持ち運びが可能なのも便利です。

画質は720Pなのでそこまで高画質とは言えませんが、気軽さと便利さという意味ではオススメです。また、サポートがかなりしっかりしているので安心との評判です。

レビュー

・バッテリーと充電ケーブルが2個ずつついているのが良い。気圧によって自動で高度を調整してくれるので安心感もある。
・ラジコンも触ったことがないのでちゃんんと操作できるか不安でしたが、室内で無事飛ばすことができました。風の弱い日に公園での空撮に調整してみたいと思います。
・風にはちょっと弱いが安定感はまずます。プロペラはガードがないけどぶつけても落としても壊れないので結構頑丈。

3位:Potensic A20W

メーカー:Potensic
初心者に優しい機能がたくさんついたドローンです。

ワンタッチでのホバリングや高度維持機能はもちろん、操作の範囲外に出そうになったら無効距離警告ということでアラートをしてくれます。

画質はあまりよくありませんがFPV機能も搭載しており、スマホでのリアルタイム映像確認とコントロールが可能です。

練習用にはオススメです。24gと超軽量なのも魅力。

レビュー

・かなり細かい動きもできるトイドローン。動きが素早いので撮影した映像は粗めです。
・飛行時間が5分程度でバッテリー交換ができない。そのためかなりこまめに充電しないといけないのがちょっとストレス。
・練習中にかなり壁や木にぶつけましたが壊れずに丈夫です。子供と一緒に遊んでいます。

4位:EACHINE E56

メーカー:EACHINE
FPV機能ありで200万画素のカメラを搭載している高性能トイドローンです。

見た目もスタイリッシュでコンパクト。

夜間飛行に対応できるようにLEDライトがついているのも便利です。

安価な初心者向けドローンの中では画質が比較的良いので人物撮影にも適しています。

重量は86.2gとこれまでご紹介した中ではやや重め。それに伴い操作感も少しだけ難易度が高めですが練習すれば問題ないレベルです。

重量があるので落下した時やぶつかった時に羽が破損するといった声もありますが、メーカーに相談すれば交換してくれる場合も多いようです。

人物の空撮にトライしたい場合に特にオススメです。

レビュー

・自宅のバーベキューパーティーの際に使用しました。夜だったのでLEDライトがありがたかった。美肌に撮影することもでき大満足
・湖に行った際に空撮に使用しました。事前にかなり練習していったので水にポチャることもなく使用できました。リモコンで飛ばした方が操作は簡単です。
・旅行先で自撮りをするのに便利です。これを持っていくようになってから外出が楽しくなりました。

5位:DROCON X708W

メーカー:DROCON
FPV機能つきのドローンです。
これまで紹介した製品の中では操作は最も難しいかもしれません。

高度維持機能がないので室内だと安定して飛行させるのが大変です。

しかし、屋外であれば本領を発揮します。この価格帯の製品にしてはかなりの高さまで飛んでくれるので公園などで練習すると楽しいでしょう。

他に360度宙返りをワンタッチですることが可能なので迫力ある映像を撮影することができます。

レビュー

・画質は良くないが純粋に外で飛ばすのを楽しむのには良い製品だと思う。屋外空撮の練習機に最適。
・高く飛んでくれるのでドローンの醍醐味を味わうことができます。逆に室内や狭いスペースだと難しいです。
かなり勢いがあるのでプロペラガードをつけた方がいいかも。屋内で飛ばす際はぶつかるので要注意。

初心者でもドローンは手軽に楽しめる!

空撮やラジコンというと専門的に感じてしまいますが、実はかなりお手軽に購入できる価格で楽しめるのがドローンです。

まずは安い機種を購入してみて、慣れてきたら本格的な製品に移行していくのがオススメです。