GoPro

あると便利な「GoPro 3way」!3つの使い方を徹底レビュー

「GoProをもっと活用したい!」

GoProを購入して扱いに慣れてくると、色々な使い方を試したくなりますよね。
ですが、GoPro本体だけでバラエティ豊かな使い方をするのはむずかしいもの。

そこでおすすめしたいのが、本体と合わせて使うアクセサリーです。

今回は、アクセサリーの中でも一番おすすめな「GoPro 3way」を詳しく紹介します。
ひとつあるだけで、いまよりずっと充実した使い方ができますよ。

「GoPro 3way」って何?


「GoPro 3way」は、セルフィーを撮る時に便利な自撮り棒です。
名前にもある通り、3つの使い方ができる便利グッズ。

スマホ用の自撮り棒とはちがって、バラエティに富んだ使い方ができます。

GoProユーザーの中でも1番人気と言っても過言ではないアクセサリーです。
普段使いはもちろん旅行先やアウトドアでも大活躍してくれて、GoProの使い方の幅がぐんと広がります。

「GoPro 3way」3つの使い方

気になる3つの使い方をチェックしていきましょう。
どれもGoProの良さを最大限に引き出せる使い方ですよ。

カメラグリップ

1つ目の使い方は、カメラグリップ。
グリップを持って撮影すると手元が安定するため、手ブレも最小限に抑えられます。

GoPro本体を持っての撮影ももちろんできますが、自分の指が映ったりガタガタと揺れた映像になってしまった経験はありませんか?

そんな悩みも、カメラグリップがあればすべて解決。
自分の手が映ることはないですし、手ブレ補正の効果もあります。
グリップは映ってしまいますが、映像に指が入るよりは気になりません。

カメラグリップの特徴


「GoPro 3-way」は、グリップの持ちやすさが魅力的なポイント。
程よい太さと滑りづらい触り心地で、持つときの安定感も抜群です。

GoPro本体の角度も自由自在に動かせるため、お好みの角度に調節して撮影できます。

延長アーム

2つ目の使い方は、延長アーム。
折りたたんだアームを広げると、最大50cmまで延びます。
カメラグリップだけだと19cmなので、約2.5倍の長さまで延ばせる優れものです。

自撮りで背景を広く映したい場合には大活躍。
足元などの低い位置や頭の上の高い位置を映したり、スマホでは撮れない角度の映像も撮ることができます。

延長アームの特徴


折りたたみ箇所は2か所あるため、自分が撮りたい角度に調節できるのが魅力的です。
うまく調節すれば、「GoPro 3-way」が映像に映り込むことも避けられます。

最大限延ばして高い位置から撮影すれば、大人数での集合写真も問題なく撮れますよ。

三脚

3つ目の使い方は三脚。
三脚はカメラグリップの内部に収納されています。
くるくると回して出てきた三脚を逆向きに差し込めば、簡単に三脚として使うことが可能です。

パカッと3つに広がるため、ある程度の安定感ものぞめます。
デコボコしていない場所に置けば、しっかりと三脚としての役目を果たしてくれますよ。

三脚の特徴


三脚とひとくちに言っても、さまざまな使い方ができるのは魅力的です。

カメラグリップに三脚を装着すれば、卓上三脚として役立ってくれます。

テーブルの上に置いて食べている様子を撮ったり、長時間での撮影にもぴったりです。

延長アームを延ばすことで、高さを自由自在に調節できるのもうれしいポイント。
アームを最大限まで延ばせば、ひざより高い位置での撮影も叶います。

GoProのおしゃれな使い方!SNS映えする動画・写真を撮ろう♪「GoProを買ったはいいけど、全然おしゃれに撮れない!」 そんな悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか? SNSを開くとG...

「GoPro 3way」の魅力


あると便利な「GoPro 3way」は、さまざまな魅力を持ち合わせたアクセサリーです。
GoProユーザーにはうれしいポイントばかりなので、ぜひチェックしてくださいね。

軽くて小さい

「GoPro 3way」は、単体で約250gとスペックの高さの割に軽いです。
GoPro本体と合わせても約400gなので、500mlのペットボトルより軽く作られています。

いくらコンパクトなアクションカメラとは言えど、長時間持っていれば手も疲れてしまいますよね。
「GoPro 3way」は片手で持っても重いと感じづらいので、アクティビティでも大活躍です。

そして先ほども紹介しましたが、「GoPro 3way」の大きさは約19cmと非常に小さめ。
パンツやリュックのポケットに入れておける、ちょうど良いサイズ感です。

何かと荷物が増えてしまう旅行などでも、かさばらずに持ち歩けるのがうれしいですね。

これよりも小さいShorty(ミニ三脚ポール)についてはこちら

GoPro Shortyは自撮り棒にも三脚にもなる超便利なマウント
GoPro Shortyは自撮り棒にも三脚にもなる超便利なマウント!GoPro shorty(ショーティー)は軽量で万能なGoProのマウントです。 これまでGoProの万能マウントといえば3way...

水辺で使っても問題なし


GoPro本体と同じく、「GoPro 3way」も防水仕様です。
シュノーケルやダイビングなどの水辺で使っても問題ありません。

ただし塩水につけたままにしておくと、金属部分がサビてしまう可能性があります。
海で使った場合は使用後に真水で洗い流し、しっかりと拭き取って乾燥させましょう。

サビると延長アームが延ばしづらくなることもあるので、要注意です。

「GoPro 3way」を使用する際の注意点

たくさんの使い方を楽しめる「GoPro 3way」ですが、いくつかの注意点はしっかりと頭に入れておきましょう。

延長アームを延ばすなら周囲をチェック

約50cmまで延びる延長アームは、最大まで延ばすとかなり長くなります。
観光地などの人込みでマックスまで延ばしてしまうと、周囲の迷惑になる可能性も。

ぶつかってしまうと危険なので、環境に合ったサイズにするのは忘れないでくださいね。
もちろん広い場所でなら、最大限延ばしても問題ありませんよ。

風が強い場所での三脚は倒れる可能性あり

便利な三脚ですが、軽量であるがゆえにちょっとしたことで倒れてしまうことがあります。
特に延長アームを延ばすと不安定になり、うまく立ってくれないことも少なくありません。

頑丈に作られているアクションカメラではありますが、当たり所が悪いと

本体の故障
画面のひび割れ

に繋がる可能性もあります。

「倒れそうだな」と感じた場所では、できるだけ使用を控えるのがおすすめです。
そして三脚を使うときは、できるだけ平らな場所に置くよう心がけましょう。

アクティビティで使うならストラップをつけて

衝撃が激しいシーンで使うと、うっかり手をすべらせてしまうことがあります。
たとえばシュノーケルやダイビングでグリップを離せば、GoProは海の底へ…。
スポーツ中に落としたら、衝撃で故障する可能性もあります。

そんな事故を未然に防ぐためにも、「GoPro 3way」にはストラップをつけましょう。
手首に固定しておけば、どこかに置き忘れてしまうこともなくなります。

「GoProアプリ」と相性抜群!

「GoPro 3way」はとにかく便利なアクセサリーですが、本体の操作がしづらいのはデメリット。
延長アームを延ばしたら絶対に手が届かないので、シャッターを切ったり設定ができません。

そんなデメリットを解消してくれるのが「GoProアプリ」です。
スマホとGoProをWi-Fiでつなげるだけで、スマートホンの画面でシャッターを切ることができます。

もちろんGoProアプリは無料。

その他にも、

詳細設定
撮った画像や映像の確認

などがスマホでできるため、入れておくと必ず役立ってくれるアプリです。

リアルタイムでスマホの画面に映るので、こだわりの画角で撮影することができますよ。

GoProの基本的な使い方!初心者にも分かりやすくレビュー「憧れのGoProを買ったはいいけど、使い方が分からない!」 「GoProを買っても使いこなせるか不安」 そんな悩みを抱えている...

「GoPro 3way」があれば楽しみ方が広がる

基本的な使い方は3通りですが、それだけでは終わらないのが「GoPro 3way」。

三脚と言っても、カメラグリップで安定させたり延長アームを延ばして高い位置から撮影したり。
延長アームも2段階で折り曲げられるので、お好みの長さや角度で撮影できます。

使い方によって撮れる映像もまったく違うため、さまざまな撮影方法で楽しめるのが魅力的なアクセサリーです。

GoPro単体でも十分ですが、せっかくなら「GoPro 3way」を使ってさらなる楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか?
いまよりももっと充実したGoProのある生活を送ることができますよ。

GoPro(ゴープロ)アクセサリー 旅行におすすめのアクセサリー6選
旅行にも使えるGoPro純正アクセサリー7つを厳選紹介!GoProは本体だけでも十分カメラとして楽しめます! ですがGoProアクセサリーやマウントを使うとより一層GoProの力を発揮できる...