GoPro

GoProにおすすめのmicroSDカードって?選び方を詳しく解説!

「GoProを買ったけど、どのmicroSDカードを選べば良いか分からない…」

そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?
電気屋さんに言ってもたくさんの種類が販売されており、どれを購入したらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、GoProにおすすめのmicroSDカードから選び方まで詳しく解説します。
microSDカード選びに迷っている方は、ぜひ参考にしてください。

GoProで使うのは「microSDカード」


一眼レフやミラーレスカメラで使われているのは、一般的にSDカードです。
しかしGoProはサイズの小さいカメラであるため、SDカードが使えません。

使うのは、SDカードがさらに小型化された「microSDカード」です。
15mm×11mmと、かなり小さなメモリーカードになります。
GoProだけでなく、スマートフォンやタブレットなどでも使われます。

ちなみに、GoProを購入してもmicroSDカード付属されていないため、別で購入する必要があります。

「せっかくGoProを買ったのに、microSDカードがなくて動画が保存できない!」

なんてことを防ぐためにも、GoProと一緒にmicroSDカードも購入してくださいね。

GoPro公式サイトで購入するとSanDiskのmicroSDカードが無料でついてきます。GoProとmicroSDを一緒に購入する予定の方はお得かもしれません。

【c】GoPro

「microSDHC」「microSDXC」とは?

microSDカードを購入する際、パッケージに「microSDHC」や「microSDXC」と記載されていることがあります。

「どれがいいんだろう?」と悩んだことがある人も多いはず。

実はこちらの3種類、容量の大きさによって名前が変わっているだけです。

microSD:2GBまで
microSDHC:4~32GB
microSDXC:64~256GB

後述しますが、GoProでは64GB以上の容量があるSDカードをおすすめしています。
そのため、購入する際は「microSDXC」と記載のあるものを選びましょう。

microSDカードの選び方

microSDカードには、さまざまな特徴があります。
選び方を誤ってしまうと、GoProの良さを最大限に生かしきれません。

ですが世に出回っているmicroSDカードの種類は、とにかく豊富。
適当に買ったら「GoProで使えなかった!」なんて後悔している方も多いでしょう。

ここでは、GoProにおすすめなmicroSDカードの選び方を、詳しく紹介します。
これから購入する方、新しくmicroSDカードを購入しようと思っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

スピードクラス


スピードクラスとは、撮影した映像や画像を「読み書きする際の最低転送速度」を表します。

初代GoPro~最新のGoPro7まですべてのモデルで必要なのが、「Class10」と記載されているmicroSDカードです。
カード本体には、丸の中に数字が「10」と書かれています。

最高クラスのスピードではありますが、最近発売されたmicroSDカードでは割とスタンダードなクラスになりますのでカード本体に記載されていないこともあります。

「Class10」の場合は、「1秒間に10MB以上のデータを転送できますよ」ということ。

機器に合わないスピードクラスを選んでしまうと、「撮影が中断してしまっていた!」なんて可能性も。
特に書き出しスピードが遅いことで、ノイズが入ってしまったり、転送の際にエラーで保存できないことも起こります。

せっかく撮影した映像が途切れてしまっては、もったいないですよね。

GoProの公式サイトにも記載されているように、Class10は最低条件です。
これ以下のクラス(Class4、Class8など)を選んでしまうと、正常に動かない可能性があるので気を付けましょう。

UHSスピードクラス


Class10以上のスピードだと、2010年に規格化された「UHSスピードクラス」という規格になります。
カード本体には、「U」の中に数字が書いてあります。

UHSスピードクラスには

UHSスピードクラス1(10MB/秒)
UHSスピードクラス3(30MB/秒)

の2種類あり、UHSスピードクラス3の場合はClass10よりも速く転送できます。

GoProの動画は、画質が良い分どうしても容量が大きくなってしまいがち。
そこでUHSスピードクラスのmicroSDカードを選べば、さらに快適にGoProを使うことができますよ。

ビデオスピードクラス

2017年に規格化された「ビデオスピードクラス」は、動画撮影に欠かせないもの。
カード本体には、Vマークの横に数字が書かれています。

たとえば「V6」と書かれていたら、「1秒間に6MB以上のデータを転送できますよ」ということになります。

GoProで動画を撮る際は、「V30」を選ぶのが好ましいでしょう。
これ以下のクラスになると、先ほども紹介したとおり、ノイズが入ったりうまく保存できない可能性があります。

特に4Kの動画を撮影する予定がある際は、「V30」がおすすめですよ。

容量(GB)


主に動画撮影でGoProを使う場合は、64GB以上の容量を選ぶと良いでしょう。

たとえば

HERO5Black
32GB
4K

という条件で撮影した場合、保存できるのは約1時間6分です。

普段使いならこまめにPCなどに移動すれば十分ですが、旅行で長期間使うとなると足りなくなる可能性が高くなります。

その点64GBなら約2時間13分撮影できるので、これくらいの容量があると安心です。
写真の場合は、12MP(4,000×3,000)で約24,000枚も撮ることができます。

設定にもよりますが、GoProは画質がキレイな分使う容量も大きくなってしまうもの。
主に動画撮影で使う場合は、64GB以上のmicroSDカードを選ぶと良いですね。

ちなみに128GBなど大容量のmicroSDカードもありますが、「うっかり失くしてしまった!」という状況になると、大切なデータも失ってしまいます。

リスクをできるだけ少なくするためにも、
「64GBのmicroSDカードを2枚持つ」
「32GBのmicroSDカードを複数持つ」
といった工夫をするのがおすすめですよ。

ブランド

microSDカードとひとくちに言っても、さまざまなメーカーから販売されています。

GoProが公式で動作保証しているのは、以下のブランドです。

・SanDisk
・Samsung

また、公式で動作保証されているわけではありませんが、

・SONY
・東芝

などの国産メーカーも、安心して使えるでしょう。

上記で紹介したもの以外にいろいろなブランドがありますが、必ず使えるという確証はありません。
特にインターネットで販売されている海外製のものは、格安なのは魅力ですが「撮影したデータが消えてしまった」なんてことも。

思い出のデータが消えることほど悲しいことはないので、安いからと言って購入するのは控えてくださいね。

少し値段が張っても、公式で動作保証されているブランドや国産メーカーを選びましょう。

動作保障されているmicroSDカード一覧|カスタマーサポート Q&A よくある質問と回答|GoPro(ゴープロ)日本総代理店タジマモーターコーポレーション

コスパばっちりの「Samsung」がおすすめ

韓国の会社である「Samsung」は、安くて安心というコスパばっちりのブランドです。

公式で動作保証もされている安心のメーカーなので、購入するmicroSDカードに迷った場合は「Sumsung」がおすすめですよ。

UHSスピードクラス:UHS3
容量:64GB
最大読み出し速度:100MB/秒
最大書き出し速度:90MB/秒

で2,160円(税込み)と驚きの安さ。
「SanDisk」でも同じ性能のものが販売されていますが、約8倍の価格です。
もちろん「SanDisk」にも良さはありますが、値段重視の方には「Samsung」が良いでしょう。

SDカードアダプターも付属されているため、一眼レフなどで使うこともできます。
海水で最大72時間防水してくれるのも、「Sumsung」ならではの素晴らしさ。
ダイビングやシュノーケルなど、水辺で使っても問題ありません。

スピード・容量は使い方に合ったものを

microSDカードひとつとっても、選び方次第ではGoProの使い心地が全く異なります。

「読み書きスピードが遅くて、大切な瞬間を逃した」
「容量が足りなくて、最後のほうだけ撮れなかった」

せっかく高性能なGoProを持っていても、選んだmicroSDカードのせいで後悔することも少なくありません。

そんな後悔をしないためにも、microSDカード選びは慎重に。
スピードや容量をチェックして、自分にぴったりのものを見つけてくださいね。

GoProの使い方に関する記事はこちら

GoProの基本的な使い方!初心者にも分かりやすくレビュー「憧れのGoProを買ったはいいけど、使い方が分からない!」 「GoProを買っても使いこなせるか不安」 そんな悩みを抱えている...
GoProのおしゃれな使い方!SNS映えする動画・写真を撮ろう♪「GoProを買ったはいいけど、全然おしゃれに撮れない!」 そんな悩みを抱えている方は、多いのではないでしょうか? SNSを開くとG...