海外旅行

バンコクで食べられるおすすめのタイ料理 

バンコクで食べられるおすすめのタイ料理 

旅行先では、現地ならではの食事を楽しみたいもの。
でも「タイ料理って、何があるのかピンと来ない」という人も多いのでは?

この記事では、タイ料理が大好きな筆者が厳選した「一度は味わってほしいおすすめのタイ料理」をご紹介しています。

せっかくバンコクに来たからには、安くて美味しいタイ料理を満喫してくださいね!

トム・ヤム・クン


まずは定番、「トム・ヤム・クン」から。

辛味と酸味に加え、深く重なった複雑な香りが特徴的な、タイを代表するスープ。
世界三大スープの一つとしても、知られています。

一口目は、「酸っぱい?甘い?いや辛い?」と味の奥深さに驚きますが、これがとっても癖になるお味。

お土産にもトム・ヤム・クン!?

トム・ヤム・クン味のお菓子やインスタントラーメンは、タイらしさがあってバラマキ土産にぴったり。
コンビニやスーパーで手に入るので、探してみては?

パッタイ


タイ風の焼きそば、「パッタイ」。
もちっとした平打ちのライスヌードルを野菜と一緒に炒め、甘じょっぱいソースで味付けした料理。

屋台から高級店まで、どんな店でも扱いがあるので試しやすいはず。
エキゾチックだけど、辛くはないので、辛いものが苦手な人にもおすすめです。

ライムをたっぷり絞って召し上がれ!

パッタイ・ホーカイって?

エビ、もやし、ニラなど一緒に炒めたパッタイを、最後に薄い卵焼きで包んだものが、「パッタイ・ホーカイ」。
つまり、日本で言うところの「オムそば」です。

クァイティオ

タイの代表的な米麺料理、「クァイティオ」。
現地人も日常的に食している、タイ風ラーメンです。

麺、スープ、具材の組み合わせを細かく注文することができるので、味のバリエーションがとっても豊か。
日本のラーメンと同じですね。

「フォー」じゃないの?

「フォー」はベトナムのライスヌードルのこと。
タイでは「クァイティオ」です。

屋台でこれを食べると、たちまち現地の生活に溶け込んだような気分に。
お値段もお手頃でおすすめです。

ソムタム


「ソムタム」は、まだ熟していない状態の青パパイヤを使ったサラダです。
ナンプラーとライムが効いた、甘さ・酸っぱさ・辛さ・しょっぱさの絶妙なバランスが特徴。

多くは上から粉々にしたピーナッツが振りかけられており、エスニック感満載。
デザートとしての甘いパパイヤとはイメージが違って戸惑うかもしれませんが、スパイシーでおかずになるような美味しさなのです。

カオマンガイ

ご飯系が食べたくなったら、おすすめなのが「カオマンガイ」。
屋台から専門店まで、提供できるお店はたくさんあります。

「カオマンガイ」は、茹でた鶏肉と、その茹で汁で調理したタイ米がセットになった料理。
鶏肉の出汁が、ライスに染みわたっています。

一口目はあっさりそのまま、二口目からは一緒に付いてくるスパイシーなスープ(たれ)をかけて楽しんで。
庶民派のお値段なのに、ボリューミーでお腹いっぱいになるはず。

プー・パッ・ポンカリー

タイでもカレーは大人気。
多くの種類があり迷ってしまいますが、おすすめは「プー・パッ・ポンカリー」。

カニのぶつ切りをカレーパウダーで炒め、溶き卵でとじた中華風のタイグルメ。
マイルドで深みのあるお味は、辛いものが苦手な人でも大丈夫。

おすすめのお店は?

『ソンブーン・シーフード(建興酒家)』は、「プー・パッ・ポンカリー」発祥のお店。
本店には、元内閣総理大臣の小泉さんなど、各国の著名人も訪れています。

Somboon Seafood – Home Site

ガパオライス

屋台メニューの定番、「パッ・ガパオ・ガイ」。
日本でいう、ガパオライスです。

鶏ミンチをバジルと一緒に炒め、唐辛子、ナンプラー、オイスターソースで味を整えたシンプルな料理。
しっかりめの味つけなので、満足感があります。

「カイダーオ」とは?

日本のガパオライスには、必ずといって目玉焼きが乗っていますが、タイではあくまでオプションです。
付けて欲しい場合は「カイダーオ(目玉焼き)」をしっかり注文しましょう。

フルーツスムージー


タイでは町中のあらゆるところで買える、フルーツスムージー。
屋台に山盛りの果物が積んであるので、すぐに見つけられます。

お値段も破格!

その場でミキサーにかけ、大きなカップに溢れんばかり注いでくれます。

おすすめフルーツは?

私のおすすめは、スイカ。
タイのスイカスムージーは、とっても甘くて濃い。

マンゴーやパッションフルーツももちろん美味しいのですが、暑いからか、意外にもスイカが1番だったのです。
色々と試して、自分のお気に入りを探してみてくださいね。

まとめ

以上、バンコクに行ったら絶対食べたいタイグルメのご紹介でした。
試してみたいお料理は決まりましたか?

屋台で手軽に食べられる、安くて美味しいものばかりなので、ぜひ味わい尽くしてくださいね!

お酒は購入できない時間がある?
屋台メシするなら「コンビニでタイビールを買って一緒に飲もう!」と考える人も多いかと思います。
その場合は、時間帯に注意!

タイでは、お酒の販売時間に規制があります。
販売が許可されているのは、
・11時〜14時
・17時〜24時
のみ。

私は夜中 0:10くらいにコンビニに行きましたが、購入できませんでした。
飲みたい方は、上記時間内に購入しておくようにしましょう。

旅行に”いい”カメラを持っていこう


せっかくの旅行、ハイスペックなカメラで旅の思い出を残しませんか?
買うには高い。でも、レンタルなら安くで”いい”カメラを使えます。

海に防水デジタルカメラ、観光にはGoPro(ゴープロ)、お祝い事にはチェキ、目的別にレンタルができます!

レンタルページへ