GoPro

GoProの過去モデルからHERO8,MAXまでを比較!今購入するならどのモデルがおすすめ?

GoPro は2019年12月現在、GoPro HEROシリーズ(HERO6,HERO7,HERO8)が3種類、360度カメラ(Fusion,Max)が2種類、計5種類のモデルを販売しています。

2019年10月の新モデル発売され、GoProの公式サイトでは取り扱い終了になる旧モデルも、発売の度に改良されてきたGoProなので、まだまだ魅力があるカメラだと思います。

今回は、最新モデルのGoPro HERO8 Blackから、GoPro HERO7シリーズの Black・White・Silver、GoPro HERO6 Black。そして、360度カメラの、GoPro Fusion、GoPro MAXを比較していきます。

アクションカメラGoPro HEROシリーズの種類

GoPro HEROシリーズの発売日

  • GoPro HERO8 Black (2019年10月25日発売)
  • GoPro HERO7 Black (2018年9月27日発売)
  • GoPro HERO7 Silver (2018年9月27日発売)
  • GoPro HERO7 White (2018年9月27日発売)※販売終了
  • GoPro HERO6 Black (2017年9月29日発売) ※販売終了

GoPro HEROシリーズはほぼ1年起きにモデルチェンジされ、より高性能でタフに、美しい映像が記録できるアクションカメラとしてその地位を確立しています。

比較一覧

HERO8
Black
HERO7
Black
HERO7
Silver
HERO7
White
HERO6
Black
写真12MP12MP10MP10MP12MP
ビデオ4K604K604K301080p604K60
防水性能10m10m10m10m10m
タッチ スクリーン
(タッチ ズーム機能)
フロント液晶
ビデオ安定化HyperSmooth2.0HyperSmooth
音声コントロール
音声起動
スマートフォンへの
自動取り込み
タイム ラプス ビデオ
スローモーション8x8x2x2x
ライブ ストリーミング
スーパーフォト
Protune
サイズ
(mm)
66.3 x 48.6 x 28.462.3 × 44.9 × 3362.3 × 44.9 × 28.362.3 × 44.9 × 28.362.3 × 44.9 × 28.3
重量126g116g94.4g92.4g117g
販売価格
(税込)
55,880円44,880円30,580円32,450円
(販売終了)
53,784円
(販売終了)
Amazon
(税込)
約55,880円約39,300円約26,850円約26,300円約34,500円
HERO8
Black
HERO7
Black
HERO7
Silver
HERO7
White
HERO6
Black

GoPro HERO8 Blackは、現在の最上位モデル

GoPro HEROのBlackは、そのシリーズで一番の高機能モデルになります。HERO8ではBlackのみ発表され、新シリーズへの期待を全て背負いました。

HERO7 Blackから登場した機能が更にパワーアップされ「HyperSmooth(ハイパースムーズ)2.0」の安定化機能、「TimeWarp ビデオ2.0」で動きながら撮影できるタイムラプス撮影と、HERO7 Blackでも評判の高かった機能に対してより高い評価を得ています。

これまではモデルチェンジされてもカメラの外観サイズに変化はなく、フレームなどアクセサリーが共通で使えてきたGoProですが、HERO8 で初めてサイズを変えました

新しく装備されたビルトイン マウントは、フレームを使う事なくアクセサリーをセットする事ができるようになり、操作性がスムーズになっています。

3つのモジュラーが発表され、専門的な機能の拡張が楽しみなGoPro8です。

  • 写真:12MP + SuperPhoto w/ Improved HDR
  • ビデオ:4K60
  • ハウジングなしの防水性能:10m
  • 電池:取り外し式
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:Hypersmooth 2.0
  • 音声コントロール:〇
  • 音声起動:〇
  • スマートフォンへの自動取り込み:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:8x
  • ライブ ストリーミング:〇
  • スーパーフォト:〇
  • TimeWarp Video 2.0:〇
  • GPS:〇

ジンバル不要でスムーズな撮影を可能にしたGoPro HERO7 Black

HERO8では、このHERO7 Blackから搭載された機能によって成り立つと言っても過言ではありません。最新機種には劣りますが、スタビライザーを必要とせず通常撮影だけで滑らかな映像が可能になった「HyperSmooth(ハイパースムーズ)」の手ぶれ補正は、大きな反響がありました。

HyperSmoothを元に動きながら撮影しても、滑らかなタイムラプスが撮影できる「TimeWarp機能」も、HERO7から登場した機能です。

静止画は環境に応じた美しい撮影を可能にするスーパーフォト搭載で、動画は4Kのハイビジョンが撮影できます。

  • 写真:12 MP (スーパーフォト搭載)
  • ビデオ:4K60
  • ハウジングなしの防水性能:10m
  • 電池:取り外し式
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:Hypersmooth
  • 音声コントロール:〇
  • 音声起動:〇
  • スマートフォンへの自動取り込み:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:8x
  • ライブ ストリーミング:〇
  • スーパーフォト:〇
  • TimeWarp ビデオ:〇
  • GPS:〇

必要な機能が搭載された廉価モデル GoPro HERO7 Silver

撮影が細かく設定できるProtune機能、TimeWarpビデオ機能は搭載されていません。

高機能を必要とせず、GoPro特有の広角撮影や4Kビデオ撮影、防水機能など基本性能があれば十分というライトユーザーにオススメのモデルです。

  • 写真:10 MP (WDR 搭載)
  • ビデオ:4K30
  • ハウジングなしの防水性能:10m
  • 電池:内臓
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:標準
  • 音声コントロール:〇
  • 音声起動:×
  • スマートフォンへの自動取り込み:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:2x
  • GPS:〇

SNSなどには十分な機能のモデル GoPro HERO7 White

HERO7 Silver と比較して、動画撮影がフルHDだったり、GPSがついていませんが、SNS投稿などには十分使用できる性能なので、出来るだけ安価にGoProを購入したい方向きです。

公式サイトでは販売が中止されたモデルですが、amazonなどのネットサイトや店頭などでは在庫がある場合は購入がまだできるようです。

  • 写真:10MP
  • ビデオ:1080p60
  • ハウジングなしの防水性能:10m
  • 電池:内臓
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:標準
  • 音声コントロール:〇
  • 音声起動:×
  • スマートフォンへの自動取り込み:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:2x
  • GPS:×

タッチズームが搭載されたGoPro HERO6 Black

かつてGoPro HEROの最高モデルだったHERO6。このモデルからタッチズームが搭載されました。本体だけでも強力なブレ補正の効果があり、アクセサリーを使用すれば動きのある撮影も映画のような映像で撮影できます。

暗い場所の撮影はノイズが出てしまう事がありますが、スマホで撮る映像からグレードアップさせたい人には楽しみながら使えるカメラです。

公式サイトでは販売が中止されています。

  • 写真:12MP/30fps
  • ビデオ:4K60
  • ハウジングなしの防水性能:10m
  • 電池:取り外し式
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:標準
  • 音声コントロール:〇
  • 音声起動:〇
  • スマートフォンへの自動取り込み:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:〇
  • GPS:〇

GoPro の360度カメラ

通常のカメラでは撮影できない360度の映像が簡単に撮影できる360度カメラ。

GoProでは、前モデルのGoPro Fusion、現行モデルのGoPro MAXがあります。

比較一覧

MAXFusion
写真16.6MP 360 Photo
5.5MP HERO Mode Photo
16.6MP
18MP(Raw Capture)
ビデオ5.6K30/245.2K30
球面撮影
Reframe
防水性能5m5m
ビデオ安定化Max HypersmoothSpherical
音声コントロール
タイム ラプス ビデオ
スローモーション2x2x
ライブ ストリーミングHERO Mode Only
TimeWarp ビデオ
TimeWarp Video 2.0TimeWarp Video 2.0
サイズ
(mm)
64.0 x 69.0 x 25.0 74.0 x 75.0 x 40.0
重量154g220g
販売価格
(税込)
67,100円78,840円
(販売終了)
Amazon
(税込)
約67,100円約36,480円
MAXFusion

360度5K撮影、VRカメラとしての側面も持つGoPro MAX

本体の正面と背面に2つのレンズが搭載された、360度の「全天球撮影」が特徴的なカメラです。GoPro Fusionに比べ、サイズも重さも大幅にコンパクトになりました。

機能面では、270度パノラマ写真撮影できる「PowerPano (パワーパノ) 」写真や、手ブレ補正がより強力に進化した「MAX HyperSmooth (マックス ハイパースムーズ)」、タイムラプスビデオを撮影できる「Max TimeWarp (マックス タイムワープ)」、従来のSuperViewよりも更に広角撮影ができる「Max SuperView (マックス スーパービュー)」が搭載されています。

360度撮影したもの映像から、通常のカメラのような動画や、セルフィー動画など、すばやく簡単に「リフレーム」できる機能があるので、1度の撮影に大きな可能性を秘めています。

シングルレンズとデュアルレンズ 360 度カメラがまとめて搭載されたMAXは、これまでの集大成のようなカメラです。

  • 写真:16.6MP 360 Photo/ 5.5MP HERO Mode Photo
  • ビデオ:5.6K30/24
  • 球面撮影:〇
  • Reframe:〇
  • ハウジングなしの防水性能:5m
  • 電池:Removeable
  • タッチ スクリーン (タッチ ズーム機能付き):〇
  • ビデオ安定化:Max Hypersmooth
  • 音声コントロール:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:2x
  • ライブ ストリーミング:HERO Mode Only
  • TimeWarp ビデオ:〇
  • TimeWarp Video 2.0:〇
  • GPS:〇

5.2K画質を備えた360度映像を撮影するFusion

GoPro Fusionは、発売時GoProから360度カメラとして新しく発表されたカメラです。アクションカメラのGoProなので、ジンバル不要の滑らかな映像が撮影できます。

4Kを超える、5.2Kの高画質の全天球カメラで綺麗な映像に、本体に4つ内臓されたマイクで音声が映像の魅力を増加させます。

全天球カメラのアプリを使用して、直感的な操作や、撮影した映像の編集を行う事ができます。通信環境にあればSNSの投稿が可能です。

公式サイトでは販売が中止されています。

  • 写真:16.6MP, 18MP(Raw Capture)
  • ビデオ:5.2K30
  • 球面撮影:〇
  • OverCapture:〇
  • ハウジングなしの防水性能:5m
  • 電池:取り外し式
  • ビデオ安定化:Spherical
  • 音声コントロール:〇
  • タイム ラプス ビデオ:〇
  • スローモーション:2x
  • GPS:〇

取り扱いモデルが集約され、検討しやすくなりました

GoPro HEROのモデルが発表されると、1種類だけではなくいくつか機能の違いで同時発売されていましたが、HERO8とMAXの発売のタイミングで、公式サイトでの取り扱いモデルが少なくなりました。

HEROシリーズと、360度の全天球カメラの、大きな2つのカメラの違いと、モデルを絞り込めば自分の撮影と相性の良いGoProカメラを見つける事ができるでしょう。

数字ではなく体感して選びたい場合は、まずはレンタルで実際に撮影してみるのという方法もあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA