DJI

定点で撮影したい人必見!Osmo pocketの三脚への取り付け方と定点撮影が効果的なシーン

Osmo pocketは小型のジンバルカメラ。すでに多くのユーザーがいて、風景撮影や自撮りの撮影を行なっています。

そんなOsmo pocketですが一点だけ撮影の中で困るシーンがあります。それは三脚を用いた定点での撮影ができないことです。

Osmo pocket単体にはマウントを取り付けるような接続部分はありません。そのため、マウントを接続するアクセサリーが必要になります。

そこで今回はOsmo pocketで三脚を活用して撮影する方法を紹介します。

Osmo pocketに三脚を取り付ける方法

Osmo pocket単体では三脚に取り付けることはできません。そのため、三脚に取り付けるためにマウント付属のアクセサリーを購入する必要があります。

基本的にGo proと同じようなマウントを使用できるようにするアクセサリーがあります。

しかし、マウント付属のアクセサリーの中でも種類があるので、いくつか紹介します。

DJI純正のアクセサリーマウント

DJIから純正のアクセサリーマウントというアイテムが発売しています。これはGo proのようなマウントがついたケースをOsmo pocketにつけるアクセサリーで、他のマウントとも接続しやすくなります。

純正であるということから安心感もあります。

一方で値段は他のアクセサリーと比較すると高いです。もし、格安でアクセサリーを揃えたいという人は他のものを試してみても良いかもしれません。

Osmo pocketを挟んで固定するアクセサリー

DJIから発売されている純正のものではありませんが、Osmo pocketを挟んで固定をするセブ のアクセサリーがあります。Osmo pocketを挟むだけなので取り付けも簡単です。

手軽さがある一方で、Osmo pocketの挟み込みが弱い時は、簡単に抜けてしまいます。そのため、激しい動きの撮影をしたい人にとっては使いにくいアクセサリーかもしれません。

また、まっすぐ上に取り付けるわけではないので、三脚から少し横にズレが生じてしまいます。

Osmo pocketの底面に取り付けるアクセサリー

Osmo pocketの底面に取り付けるタイプのアクセサリーも存在します。挟んで固定するタイプのように下に抜けて落ちることはありません。

三脚に取り付ける際には、三脚からまっすぐ上に取り付けることができるので、普通のカメラのように設置することが可能。

しかし、このタイプはネジで締めるわけではありません。そのため、軽い衝撃でアクセサリーからOsmo pocket本体が飛び抜けてしまうことがあります。

Osmo pocketを持ってあまり大きな動きをしない人なら良いですが、走ったり運動したりする人はこのアクセサリーは控えた方が良いでしょう。

ここまでマウントを接続するためのアクセサリーを紹介しましたが、各紹介を見ると純正が一番安定して使用できる印象です。

サードパーティ製のものは使用できるものの不安要素があります。

Osmo pocketも決して安いものではないので、できるだけ傷つけたり故障したりしないようなアクセサリーを選ぶようにしましょう。

三脚にOsmo pocketをつけるメリット

ここまで三脚にOsmo pocketをつけるためのアクセサリーの種類について紹介しました。

しかし、Osmo pocketは本来ジンバルカメラ。カメラの向きも自分の方に向けることができるので単体でも自撮りに適しています。

そう考えると、三脚を活用するシーンもそこまで多くないのではと考える人も多いでしょう。ここでは、三脚を活用したらより綺麗に動画や写真を撮影できるシーンについて解説します。

タイムラプスやモーションラプスを撮影する時

タイムラプスとは、数秒間隔で写真を撮影して動画としてつなぎ合わせることでコマ送りの動画を作り上げる機能です。

イメージしやすいのは、パラパラ漫画のような動画ですね。

もともとOsmo pocketにはタイムラプスの機能がついていて、

  • 何秒間隔で写真を撮影するのか
  • 何秒の動画を作るのか

などを細かく設定することができます。

タイムラプスを撮影する際には、カメラを固定しておく必要があります。Osmo pocketはジンバルカメラですが、画角が変わってしまうとタイムラプスは撮影しにくいです。

また、三脚があることで高さを調節できるので、自分の撮りたい高さでタイムラプスを撮影することができます。

同じような撮影方法としてモーションラプスというものがあります。モーションラプスはタイムラプスの画角が徐々に動く動画です。

つまり、タイムラプスの要領で写真を連続で撮影しながらカメラの画角が動き続けるということになります。

こちらの撮影もカメラを動かさないように注意しなければいけません。三脚を使用して撮影すると、Osmo pocketが安定して綺麗に撮影することができます。

顔に接近しないで写真や動画を撮りたいとき

Osmo pocketは手軽に持ちながら自撮りをすることが可能なカメラ。小型で自撮りもしやすいカメラはあまりありません。

しかもジンバル付きということで手ブレも少なく動画撮影も簡単に行えます。

しかし、手で持ちながら自撮りした写真を見てみると、液晶が顔でいっぱいになってることも。

自分の顔がいっぱいいっぱいに映っている写真も良いですが、自分の後ろに映っている風景なども見せたいという人もいますよね。

そういうときには三脚を立てて、自分とカメラとの距離を確保して撮影するようにしましょう。自分の背景などもしっかりと映り、見栄えの良い写真が撮影できるはずです。

Youtubeを撮影するとき

Osmo pocketはその利便性からYoutubeをこれから始める人に勧めたいジンバルカメラです。

動画の画質も問題ないですし、気軽にどこでも撮影しやすいことからYoutuberの人でも持っている人は多いです。

Youtubeの動画の中には様々な動画がありますが、定点カメラの動画を撮影するときに三脚+Osmo pocketはオススメです。

フェイストラッキング機能を使用すれば、ずっと顔を認識して追いかけてくれます。しっかりと顔にピントも合わせてくれるので、顔出し動画をしている人は使いやすいでしょう。

また、Vlog関連の動画を撮影する際にもOsmo pocketは活用できるので、持っているだけで様々な動画を撮影することが可能。

これからYoutuberを目指す人は一番最初に購入するべきカメラとしてオススメです。

Osmo pocketと三脚を上手く組み合わせて、丁寧な撮影をしよう

今回はOsmo pocketを三脚に固定して定点で動画や写真を撮影する方法と、定点で撮影すると有効なシーンを紹介しました。

Osmo pocketは単体では三脚に固定することはできません。

マウントと接続するためのアクセサリーが必要になるので、三脚をすでに持っていて使いたい人はアクセサリーを購入することがオススメです。

また、ジンバル機能が付いているカメラと言えど手持ちであるため、画角に思いもしない動きが生じます。

撮影方法によってはそういった小さな揺れで思ったような動画や写真が撮影できないシーンもあります。

自分が思い描いた撮影をするためにも三脚も上手く活用してくださいね。