GoProアクセサリー

GoPro

GoPro防水ハウジングは純正品とサードパーティー製どちらがおすすめ?

GoProの防水ハウジングは純正と非純正品では大きく二つ違います。対応浸水と、レンズの着脱です。開け方やなどは多少異なりますがその他の点でほぼ一緒と考えていいでしょう。様々あるサードパーティー制防水ケースのおすすめを純正品を含め紹介します。
GoPro

GoPro Shortyは自撮り棒にも三脚にもなる超便利なマウント!

GoProの延長ポール兼ミニ三脚として使えるShorty(ショーティー)。その軽さと大きさが多くのGoProユーザーに受けています。似たGoProマウントとして3-Wayがあります。その3-Wayと比較しながらShortyのメリットを紹介します。
GoPro

スキーで使うGoProマウントは?おすすめ4種類!

スキー中の撮影は両手がふさがりなかなかうまく撮影することができないと思います。そこでおすすめなのはGoProを使った撮影。頭につけたり、身体につけたりする事ができるマウントアクセサリーが多くあります。レベルごとに選べるのも特徴です。
GoPro

GoProもどきでもいいものはいい?目的に合わせてお得なカメラ選び!

GoProは高いから買えないけどGoProに似たアクションカメラの機能はどうなの?数あるGoProもどきを画質や性能、価格帯を比較指定紹介。GoProもどきでも侮れない機能を搭載しています。
GoPro

バイクでGoProを使用!オススメのマウントと方法!

バイク走行中の風景や友達とのツーリングの映像はせっかくの記念に収めておきたいものです。GoProを使いながら走ってる方も多く見られます。バイク乗りに人気のアクションカメラですがどのような取り付けがおすすめなのかを紹介します。
GoPro

GoPro純正リモコンのおすすめの使い方を紹介!

GoPro防水リモコン スマートリモートの活用シーンはこんなにある!おすすめの使い方を紹介。GoProのスマホアプリとの違い、リモコンの必要性や動作する距離なども含めてサードパーティー製のリモコンと比較して紹介します。
GoPro

モバイルバッテリーを使用すればGoPro長時間撮影も安心!

GoProの欠点でもあるバッテリーの持ち時間。モバイルバッテリーを使用すれば予備バッテリーも使うことなく長時間の撮影も可能です。純正とサードパーティー製それぞれのメリットとデメリットについて紹介します。
GoPro

GoProディズニーには純正ネックストラップ型アクセサリーがおすすめ

GoProディズニーというワードがあるほどディズニーでGoProを使うのが人気です。自撮り棒の禁止、撮り方に制限があってもネックストラップ型アクセサリー、スリーブ+ランヤードを使えば規制を気にせずよりGoProを使って撮影を楽しめます。
GoPro

クイックキーを使ってGoProのデータを高速転送!

Quik Key(クイックキー)を使ってGoPro(ゴープロ)で撮影したデータを高速転送。使い方、レビュー、クイックキーによくみられる不具合の原因について紹介します。その場でアプリを使ってすぐ編集したいという時にも便利なアイテムです。
GoPro

ダイビングにおすすめのGoProマウントは?おすすめアクセサリー4選

ダイビングに最適なカメラとしてGoProが上がります。ダイビングで使えるダイブフィルター、マウントやアクセサリーが多数存在しハウジング使用で深さ60mまでの防水性能を可能にします。初心者はもちろん上級者でも納得のスペックを発揮します。